スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ島最終日

バリ島最終日。もう今日帰るのね、くっすん…。
この旅行、本当にお天気に恵まれた。

CIMG7069.jpg

日本は寒い季節だから、バリの蒸し暑さに脱水症状を起こす人もいるって聞いていたのだけど、私は意外と平気だった。建物の中に入ればカーディガンを羽織るくらいだったし、大丈夫じゃないのは私の髪の毛くらいであった(←毎日大爆発・笑)。

この日はバリコレクションにゆっくりと行ってみる事に。
夜は二度ほど行ったけど、昼間は行ってないし~。
あ、写真がないのです。旅の後半になるとどんどん写真が減って行きます(笑)。
でもいいの。また行くし。
という事で、今日の写真はもうほとんどホテルの写真しかありませんが、文章との関連性もありませんが(笑)それでもよろしければお楽しみください。

三日目におおよそのお買いものは済ませたのだけど、私はどうしても木彫りの猫が欲しかった!玄関でお見送り&お迎えしてもらうんだもんね♪
バリコレクションの中には多分時々出店しているようなバザールがあって(ほとんど店が開いてなくて閑散としてたけど)木彫り売ってるおじちゃん発見。

CIMG7201.jpg

猫3体が可愛くて「いくら?」って聞いたら「120,000Rp」
「えー、高い。安くして」
「コレも買ったら安くなる」
「それはいらない」
「これ、私が作ってるから値段優しい(←絶対ウソ・笑)」
交渉に交渉を重ね、半額以下まで下げました(笑)。

フロントに荷物をお願いする為には16時までに部屋に戻らなくてはいけなかったので、午後はどうしようかと。
まだ調達出来ていない調味料があったのだけど、ここのスーパーは高いし、マタハリはない物があるし…。
ホテルの日本語デスクのおじちゃんに調味料が買えるスーパーを教えてもらってタクシーでひとっ走り。
うぇ!このドライバー、仕事先のKマネージャーにそっくり!
デンパサールに降りた時、このマネージャーの事思い出したんだった。
あぁ、あの人、バリに来たら大人気なんじゃないの?って(笑)。
バリの人って日本人と顔が似てるなぁと思った。
このデスクのおじちゃんは塚地とえなりかずきを足したような顔をしてるし、プールでアクアビクスをやった人は仕事先のキャプテンにそっくりだし、ガイドは知り合いのスタッフに似ていた(笑)。

そんなKマネージャー似のドライバーに連れて行ってもらったのはHardy'sという地元スーパー。
わぉ!やっすぅ!Tim-Tamが70円くらいで買えますが(笑)。
もう、切羽詰まって写真撮る暇なかったんですけどー。

CIMG7085.jpg

パッキングを済ませて、チェックアウトしてDFSに寄って空港へ。
あぁ、もう帰るんだな…。

そうそう、最終日にルピア貧乏になってしまって、最後には水も買えないくらいしか残ってなかった。でもぎりぎりまで残しておいた方がいい。
空港で何か買うにもRpでも高いのに、$だともっと高くなり、¥だと信じられないほど高くなる。31でアイス食べたけどビックリするほど高かったよ。

飛行機は定時に飛んだ。早朝に出て来たおかゆが意外にも美味しくて完食した。

CIMG7251.jpg

いつも海外に行く時、その分の仕事をつめて行かなくてはならないからバタバタと出かける。今回も前日の夜までバタバタしていたので、また慌ただしく出て行ったのだけど、食の調査だけは怠らなかった(笑)。帰りの機内食がおかゆだという事は知っていたのだけど、中距離路線にしてはしけている、と思っていたんだけど、このおかゆが何故だかとても美味しかった。今回は「機内食って意外と計算されているんだな」と思った。
でも未だにドイツ行きの機内食が「肉じゃが」だったのかは謎(笑)。

CIMG7260.jpg

機内食を食べ終わる頃、窓の外には太陽が昇り始めて成田が近づいて来た。
もうこの旅終わっちゃうんだ…。

今回のバリ行き、年が明けて急に決まった。去年の秋ぐらいから旅行しようかって話はしてたんだけど、どこに行きたいかってなった時に、私はバリを候補に入れていたけど、相手はバリは嫌だって行ってたから、グアムかハワイにでも行こうかって感じだったのが、バリでもいいって急に言うから(笑)急遽決まった旅行だった。
私がバリに行きたいって思ったのっていつくらいからかな。
バリの雑貨に興味を持ってからかもしれない。10年近く経つのかな。
ずっと行きたかったのだけど、周りが興味を示さないので全然行けなくて。
でも、行ってよかったと本当に思った。本当に楽しい思いしかしなかったな。
ホテルでのスタッフと色々と話したのも楽しかった。ここに書いた以外にも沢山のスタッフと話した。日本語教えてあげたり、インドネシア語教えてもらったり。顔覚えてもらって、挨拶してもらったり、タクシーのドライバーとの会話も楽しかった。
ヒライケンジとの会話も楽しかったなぁ。根切り交渉も楽しかったし、レストランのオーナーとのやりとりも。
エステの担当の女の子が一生懸命で可愛くて、スーパーの店員の女の子がとってもキュートで、あんまり可愛かったから「pretty!」って言ったら、真っ赤になって照れちゃって。
人とのふれあいがとっても楽しい旅だった。

私は海外に出るのはいいなと思う。心の洗濯になる。
観光客でしかないから、その土地での本当の生活はわからない。
でも、お土産屋に行くだけでなく、スーパーや地元の人間が集まるところに少しでも足を踏み入れてみると多少わかる事があるような気がする。
それを一番感じたのはドイツだったけれど、今回は人との会話が楽しくて仕方なかったな。このバリ旅行で私は改めて自分が今どうしてこの仕事をしているのかがわかったような気がする。
本当に心の洗濯をしたな、と感じた。
Rpはもう小銭程度しか残っていないけど、これはちゃんと取っておこう。
出来れば年内にもう一度行きたいな。
ホームシックならぬバリシックである(←お腹壊す方ではない・笑)。
Sampai jumpa lagi,Bali.
スポンサーサイト

バリ島4日目

バリ島4日目。
今日はお買いものに出かける予定もないのでのんびり起床…といきたいところだけど、7時前に目が覚める生活に慣れてきているのでやっぱり7時には起きる(笑)。
今日は午前中はゆっくりホテルで過ごす予定なので、ちょっと離れたレストランまで朝食をとりに行ってみた。
名古屋から来たというご夫婦がレストランの場所がわからないので一緒に連れて行ってもらえますか?というのでお話ししながら歩いて行く。
直行便がないらしくものすごく時間がかかったと言ってた。
帰りは朝8時台のフライトでシンガポールで12時間のトランジット。名古屋に着くのは翌日の朝8時だって。帰国に24時間ってすごっ!
東京や大阪に住んでいるって言うのは旅行に行くのにも恵まれているんだな。

さて、ついた先は「THE WATERCOURT 」というバリニーズレストラン。お食事の内容は同じだけど(味は違った)雰囲気は前日までのレストランはヨーロッパ風。こちらはバリの雰囲気たっぷり。
こっちが好き~♪

CIMG7080.jpg

食事を終えて、ホテル内を散策しようとすると、庭師に話しかけられる。
こっちの人たちはすっごく人懐っこい笑顔で話しかけてきて、とても楽しい。
「どこから来たの?日本?じゃ、こつろぎに来た?」
いえ、くつろぎにきました(笑)。
日本語の事を色々聞くので、しばし談笑。
凄く楽しくお話しして、楽しんでね!と言ってもらってお別れ。ホテル内を散策してみる。
今日のレストランは私たちの泊まった棟からは離れていたのだけど、こちらは少し日本人が多い模様。レストランにも日本人いたな~。色々歩いてみると自分たちの泊まったところはロケーションも良いなぁと思ったり。

お部屋に戻ってビーチに出てみる事に。

CIMG7124.jpg

おぉ!いたいた!物売りおばさん!
「みちゅあみ~、みちゅあみ~」
いいえ、結構です^^;
ビーチにはほんの少しだけいて、プールに行く事に。
プカプカ浮いているとスタッフが「アクアビクスやる~?」と声をかけてきたので「うん、やるやる~!」と張り切って参加してみる事に。
15人くらいでやったかな。でも日本人私たちだけだったけど(笑)。
ホテルではアジアは中国系の人が多く、あとはオージーが多いな、と思ったのだけど、知らない国の人たちと一緒に遊ぶのたのしー♪
しかし、このアクアビクス、超ハード(笑)。気づいたら50分もアクロバット的アクアビクスをやって、脚が切れて出血していましたが(笑)。

お昼ご飯を急いで食べて、さて、ここからSさんオススメ6時間半のエステです。
これは日本で早くから予約しておいて、今回のバリ旅行の中でもとても楽しみにしていた事の一つ。
所要時間5時間半のエステにスパヴィラを使用45分がついて終了した時には6時間半が経っていました。これで$112.5(約12,870円)。
安すぎます。これ、日本でやったら5~6万とられると思う。

ホテルにお迎えに来てもらい、まずはジャムゥをいただきます。

CIMG7154.jpg

生姜、クローブ、シナモン、レモングラスのジャムゥ。代謝を良くするとの事で、飲んだ瞬間からプワァ~っと汗が噴き出して来ていい気持ち。

まずはグレープフルーツのオイルでアロママッサージ、そしてホットストーン。ちょっと熱めに感じだけど、カチカチと石の音が心地よい。焼き芋の気分です(笑)。
スクラブがいい香り。紅茶の香りだそうです。
そしてスチームバス。友達と私、スチームの量が全然違うんですけど…。友達汗だく。私少々…。
だけど汗かいた分、友達の方が冷えるのが早かったみたい。見晴らしのいいバルコニーでお水を補給して、お次はフラワーバスです。

CIMG7160.jpg

すんごい可愛いフラワーバス。入るのがもったいない!でも、花をいじくりまくって遊びました(笑)。
その後は先ほどのバルコニーでミックスジュースをいただいて(これが美味しかった♪)、フェイシャル→シロダーラ→クリームバスです。
シロダーラ長かったなー。こんなに長いと思わなかった(笑)。
そしてまたドリンクをいただきながら、クリームバス。
やってもらった髪の毛はサラサラ。いい気持ち♪
あっという間に6時間半が経ちました。
今回、2種類のマッサージを受けましたが、それがとても良かったな。
イデアルマッサージは身体をほぐし、こちらのエステは心を癒す。
グアムで受けたエステは1時間ちょっとで18,000円くらい払ったんだよ。
それを考えたら、これはもう超お得。スタッフの感じも良いし、またリピートするのは必至でしょう。
Sさん、いいところを教えてくれてありがとう^^

さて、ホテルに戻ってゆっくりしましょう。
…と行きたいところですが、ここで一つ大移動が(笑)。
私たちのお部屋はコネクティングタイプの一室。部屋に扉があった。
その扉が実は悲劇を呼んだのです…。
昨日の夜、23時半頃、隣の部屋で騒ぎ声が…。それがとうとう午前3時まで続いたのさ…。
その時間には日本語サポートはもうなく片言の英語で「隣の部屋うるさ~い、ねられな~い」とクレーム。ほんっとうるさかった。
フロントから隣の部屋に電話を入れてもらっても治まらない。
なので、翌日調べてもらうと新婚さんらしく友達と大騒ぎ。
これはきっとバチがあたったのです。グアムのバルコニーで新婚さんと爆笑していたらクレームが来た。その時の罰なのです(笑)。
って事で部屋を変えてもらう事に。あと一日だってのにスーツケースもって移動(笑)。今度のお部屋はお昼寝ベッドのついてるお部屋。

CIMG7183.jpg

ま、たった一日だったから昼寝も何もなかったんだけど。
でも、何かトラブルがある方が私らしいでしょ(笑)?
私が海外で何もないなんて事はないのさ…。
エステでテイクアウトしたナシゴレンとサテを食べて、騒音に悩まされる事もなく最後の夜は更けて行きました。
このナシゴレン、非常に日本人向けの味だなぁと思った。美味しかったけど♪でも、お箸でナシゴレンは食べづらいぞ(笑)。

CIMG7187.jpg

あぁ、もう明日帰るのかぁ…。寂しい。

バリ島3日目

バリ島3日目。
今日はお買いものデー。
このパックにスミニャックでの買いものツアーがついていたので、参考の為に行ってみる事に。
バリではプラザバリとDFSギャラリアまではタクシー代を持ってくれるので、ますはここまではタクシーを利用。
今回、これのお陰で大分タクシー代が浮いたと思う。
実はこの日までそんなにRpが必要でなかったので、二人の共通のお財布には空港とホテルで若干両替したものが入っているだけで個人的なRpは持ってなかったのね。
空港のレートを基準に考えるといいよって言われていたんだけど、この時点では空港>ホテル>DFSって感じ。
DFSはレートがわりと良いと聞いていたのでそこで両替しようと思っていたのだけど、とんでもなく悪かったので、お金持たないまま、お買いものツアーに出発(笑)。
大抵のお店では$でも¥でも払えるのだけど、おつりのRpのレートがものすごく悪いので、街で両替しようと思うのだけど、ぼったくるところが多いらしい。
バリに10回行っている友人も以前はお金抜かれたりしたっていうので、ここはガイドさんに聞いてみましょう。
一緒に両替に行ってくれて納得のレートで両替♪

とりあえずはこの買いものツアーで視察だけしました。午後、自分たちで動くという事で。
一カ所、いかにもなお土産屋に連れて行かれるのだけど、ものすごく吹っかけられる。
ありえない値段を言うので「じゃ、買わない」とお断り(笑)。
この店の店員はどこで教わったんだか「ギザ可愛い」とか「どんだけ~」とか「こんばんみ~(←古ッ!・笑)」とか連発。意外と笑えない(笑)。

午後からは自分たちで行動。
まずはクタのマタハリデパートへ。

CIMG7011.jpg

外国のスーパーとかデパート大好き!たのし~い^▽^
バリコレクションの中にもスーパーはあるんだけど、ちょっとお高め。ここの方が安い。だけど買おうと思ってた調味料がないんだよね~。
ここで気が狂ったように買いものして(日本円で3,800円くらい。相当な量です)その後、マタハリから歩いて行けるディスカバリーモールへ。
ここは巨大なショッピングモールなんだけど、Bread Talkという有名なパン屋さんがある。
そこで見たのがコレ。
パンダンリーフのケーキ。毒々しく緑色です(笑)。日本人はメロンパンだと思うらしい。

CIMG7014.jpg

ここでは買わなかったけれど、ホテルの朝食で食べてみた。美味しかったよ。
私元々、パンダンリーフ好きだから何の抵抗もなく美味しかったな~。

さすがに朝から歩きっぱなしだったのでお茶でもしようかと。
バリにもスタバが至る所にあるのだけど、お高め。客は外国人ばかり。
じゃ、ここに入りましょうか、と入ってみたのがクリスピークリームドーナツ。

CIMG7018.jpg

日本では考えられないほどガラガラですが(笑)。
で、噂には聞いてたんだけど、ここ、3つ買ったら3つついてくるという(笑)。要は半分の値段で買えるって事。確かにそう書いてあった(箱買いの場合だけ)。
お味は日本と一緒。やはり何故日本であんなに並ぶのかさっぱりわからん(笑)。
で、ここでお茶してたらヒライケンジにそっくりなバリニーズに話しかけられる。
「あ~、昨日会ったね~!」
「え?」
「アナタ、昨日会ったよ~。ウルワツにいたでしょ~?」
最初、え?と思ったのだけど、どうやら嘘をついている様子ではないし、人なつっこい笑顔の人だったので、お話ししてみる事に。
「日本、今寒いでしょ~?雪が食べたい~」
「雪~?ノーテイストよ~」
「うん、でも食べたい~。食べた事ある~?」
「うん、あるよー」
「後ね、日本行ったら着物と袴欲しい。どこで買える?」
「浅草かな~」
「浅草どこ?東京近い?」
「浅草in東京よ~」
「あ、そうなの~?ラストサムライみたいの着たい~」
なんか面白い人で、すんごい人懐っこい笑顔。埼玉に知り合いがいるって言ってたな(笑)。ちょっと楽しかった(笑)。

ここから、またスミニャックに戻ろうとタクシーに乗ろうとしたらこっちこっち!ってドライバーが呼ぶ。
メータータクシー?って聞いたら、Ya!って言ったくせに「50,000Rpね」って言うから「はぁ?なんで?」って思いっきり嫌な顔して言ってやったら「じゃあ、20,000Rp…」って言うから「何言ってんの?さっきメーターって言ったじゃん。メーターじゃないなら乗らない」と断りました(笑)。ボラれない為には強くなくてはいけません(笑)。
で、メータータクシーでスミニャックに戻ってASHITABAでお買いもの。
その後は行きたかったワルン(食堂)へ。
マデスワルン2に行ってきました~~♪クタにもあるんだけど、スミニャックの2の方へ。ここはガイドブックにも載っているのだけど、日本人客はほとんどいなかった。それもまたいい雰囲気。日本語は全然通じないので片言の英語でやりとり。
今回思ったのはバリでは私の英語は通じるらしい(笑)。
ここでは「ナシチャンプル・スペシャル」を。

CIMG7031.jpg

ここね、フラッシュ炊かないと写真撮れないくらい真っ暗(笑)。
ナシチャンプルはほんっと色んな具がのっていて美味しかったな。気分は闇鍋食べてるみたいな感じだったけど(笑)。
今日はバリの街を堪能しました。
スミニャックに戻る頃、クタビーチには人がいっぱい。ここもサンセットがキレイなんだよね。バリの街をもっと見たかったな。だけど欲張らない事にした。
だって、またバリには行くって決めてるから。

↓バリに行ったらこれを食べなきゃ!な、ナシチャンプル。興味を持っていただけたらポチッとお願いします^_^


バリ島2日目

バリ島2日目。快晴♪
昨日眠りについたのは深夜だったけれど、7時には起床。
いつもはこの時間は夢の中だけれど、旅行中は別。気分よく起床。

CIMG7115.jpg

バリ島は今雨期なのだけど、この旅ではほとんど雨に降られなかったー♪この日、朝レストランに行く時、一瞬降ったのとビーチに出た際にちょっと降ったくらい。5分くらいね。
日頃の行いがいいのね、おほほ!(←バカ・笑)

レストランに向かう途中、このホテルのスタッフが素敵だなぁと思う。
会う人会う人、みんなが「GOOD MORNING!」とか「おはようございます」って笑顔で声をかけてくる。
日常の中でこんなにたくさん朝の挨拶した事ないなぁって思うくらい。
私は「スラマッパギ!」とインドネシア語で挨拶してみた。
するとまた向こうも「スラマッパギ!」って返してくれて、朝からとっても気持ちがいい^^
挨拶って大事だねー。

今日の朝食はビーチの見渡せるサルサヴェルデというレストランで。
ここのホテル、外国の宿泊客が多く、日本人にはほとんど会いません。
なんかそれも良かったな~。
こちらの朝食はビュッフェ形式。アメリカンブレックファーストに加え、ナシゴレンやミーゴレン等のインドネシア料理も楽しめます。
かなり豪華な食事だと思う。
まずはブブールアヤムをいただいてみました。

CIMG6880.jpg

もちろんこれだけでは足りないので~、他にも山盛りで食べてみましたが、このナシゴレンが美味しかったんだわ!
この後もナシゴレンを何度も食べるのだけど、一番ナシゴレンらしいナシゴレンという感じがした。奥の緑のジュースは「BLEND OF THE DAY」という日替わりのジュース。毎日飲んでみたのだけど3日目から痛い目にあいます(笑)。

CIMG6878.jpg

朝食をとった後はマッサージに向かいます。
イデアルマッサージと言う、タイ古式マッサージを取り入れたもの。
90分のマッサージでしたが、アクロバット的要素も含まれていてとても気持ちよかった!
昨日、デンパサールに降りた時、実はむくみがひどくてスニーカーが入らなくて裸足でおりようかと思ったくらい(笑)。
それも解消されて、良かった良かった^^

サテ、ではなく、さて、午後からどうするかを考えなくてはいけません。
まずはジェンガラケラミックにいくつもりでしたが、その後、ウルワツにサンセットを見に行こうかどうか…と悩んでいた。
…というのも、空港であらゆるパンフを集めてみたところ、平均の値段は4,000円。
ケチャックダンスと食事がついているプランばかり。
グアムでファイアーダンスと食事っていうオプショナルを体験したけど、イマイチだったので、4,000円払うのが惜しかった私(←ケチ・笑)。
二人でガイドブックを片手に色々調べ、まずはジェンガラに行って、TAXIでウルワツまで行く事にした(←初めてのくせに凄い度胸・笑)。

まずはジェンガラへ。代金を払おうとすると「待ってる」とドライバーが言うので、待たれて変に代金を上乗せされても困るので断ったら、メーターを止めてくれるというので、二時間近くドライバーを放置して(←ひどい・笑)ジェンガラでお買い物。
あぁ、種類がありすぎて困ります&悩みます。
で、せっかく来たのだからと隣接するカフェでお茶とケーキをいただいてみました。

CIMG6898.jpg

チョココーティングのチーズケーキとベリーのチーズケーキ。もちろんお皿はジェンガラです。これで、56,000Rpくらい(700円くらい)。
食器の方がずっと高いです(笑)。
お味もおいしかったよ!濃厚で満足な味でした。

で、この後、ウルワツまで行くのですが、この時点でGハイアットから90,000Rp強。
サンセットまでまだ2時間以上あったので、待っていてもらってホテルまで帰るのに200,000Rpで手を打ってもらって見学する事に。2,500円弱で済んだのでオプショナルに乗るよりずっと安く済みました^▽^
ウルワツ寺院は断崖絶壁のところにある寺院。
下を見渡せば海。いつ船越英一郎や片平なぎさが出てきてもおかしくなさそうなところ(笑)。

CIMG6918.jpg

そしてここは「猿天国」。これでもか!ってくらい猿がいます。
あぁ、私のデジカメには猿が何十枚も…(笑)。
友達が悲鳴をあげました。振り返ってみると猿が何か食っていました。
「ゴムとられた…」
ここの猿は髪の毛しばるゴム食うんかい…。

猿と戯れていると(?)だんだん日が沈み始めました。

CIMG6971.jpg

すっごい奇麗な夕日。ケチャックダンスは遠目に見て、ウルワツを後にしました。
すんごい量のジェンガラを持ってウルワツを見学する事を考えたら、とても楽ちんだった。
車チャーターするより安いし、いいドライバーにあたって良かった!

さて、ホテルに戻って食事に出かけます。ホテルのそばにバリコレクションというショッピングモールがあって、そこにはインドネシア料理が食べられるレストランがいっぱい。
勧誘がすごいんだけど、一番感じが良さそうな人の店に入りました。
とりあえずナシゴレンとサテとチキンのレモングラス焼きを頼んでみたのだけど、サンバルが欲しいとお願いしてみるとオーナーらしき人がやってきた。
日本人であんまりサンバルをくれっていう人っていないみたいね。
でも、こういうところで思うのは、ちょっと食の知識を持っていると話がはずむ。
サンバルが欲しいというとオーナーが凄く興味をもってくれたみたいで、自分でも作るとか、お家にサンバルもケチャップマニスもアシンもトゥラシもあるって言ったら、凄く嬉しそうにサンバルを持ってきてくれた。
ケチャップアシンと唐辛子を一緒に食べると凄く美味しいよ!って教えてくれた。
で、このサンバルがものすごく美味しかったんだよね~。

CIMG6991.jpg

肝心の料理載せてないけど(笑)。
このサンバルが一番のヒットだったな。この旅行中、あらゆるサンバルを食べてみたけど、ここのが一番美味しかった!
もちろん、ここのナシゴレンもチキンも美味しかった!ボリュームがありすぎて食べられなかったけど(笑)。
そして、ビンタンとかバリハイとかビールも飲みまくったけど、やっぱりその土地にあうビールってあるね。美味しかった^^

一日朝からよく行動したな~。
私はもうこの日の途中でまたバリに来ようって決めた。
バリの魅力にハマる人たちの気持ちがとてもよくわかった。
ずっと来たかったバリ島。もっと早くくれば良かったと思ったり、今回これた事に幸せを感じたり。
本当に幸せな旅が始まったな、と感じた二日目。

↓ジェンガラのチーズケーキがおいしかった&最高のサンバルと出会った、という事で(笑)興味をもっていただけたらポチッとお願いします。


バリ島1日目

2/23~28でバリ島に行ってきました♪
別に旅行記をつけられるブログを書こうかなとも思ったんだけど、ここにつけようと思います。料理と関係ないじゃんって感じもするんだけど、すっごく印象的な旅になったので記録として残しておきたいなぁと思って。
現地で食べた料理も載せるって事で(機内食含む・笑)。

CIMG6825.jpg

まずはJO729/JL729便でデンパサールまで。
あ、そうそう、今回もまたセキュリティーチェックでひっかかったわ。
ベルトを外してもまたピーピー鳴って、靴まで脱がされる始末。
ま、いつもの事だけどね…(←慣れっこ・笑)。
ご存知の通り、私は飛行機を遅らせることに才能を発揮する女。しかも5時間6時間当たりまえ。今回は大丈夫そうね…。ところが搭乗間際になって、客室の準備が整わないって事で搭乗したのはフライトの時間だったわ。ま、20分くらいどうってことないわね。いつもに比べれば(笑)。
ということでどかどか乗り込んで、15分遅れで無事出発。
しかし私は不幸な女だわ。大抵の人は飛行機ってのは早めに飛ぶって言う。
私は早めに飛んだ飛行機に乗った事がない。てっきり遅れるもんだと思っていた。ミールクーポンもこれでもか!ってくらいもらっている(笑)。
だから、普通に飛んだりすると、後で何か悪い事があるんじゃないかと心配になったりする不幸な思考を持つ女(笑)。
でもさ、今回は困るのよ、遅れると。現地に着くのが夜中なんだから!遅れたら日付かわっちゃうもん(笑)。

今回はJALとJALウェイズのコードシェア便。機材がJALで乗務員がJALウェイズ。JALウェイズってのはタイ人のクルーがほとんど。インドネシアに行くのにタイ人(笑)。
私は2年前のドイツ行きの時にJALを利用したのだけど、ほんっとあの時頭に来たのよね。4時間の遅延に加え、職員の対応の悪い事!ツアーでなかったから、遅延の連絡が現地に迎えにきてくれる友人に伝わらないまま、12時間のフライト。CAの対応もひどいし、デニッシュを放られた時にはぷっちーーん!と来たのよね~。
だから今回もわざわざ高いお金払ってJALに乗るの抵抗があったんだけど、今回は良かったわ~♪
2階席を確保してくれて、二人で3席使用。タイ人のCAは可愛いし、対応もいいし、機内も広々~。
それに今回は機内食も結構よかったわん♪

CIMG6838.jpg

何しろ、乗ったとたんにビール飲んで、その後すぐにおかわりはいかがですか?って聞いてくれてワイン飲んで~♪行きから酒飲み炸裂(笑)。
到着前のアイスもおいしかったし、寝たふりしてたらデンパサールに到着(単に寝られなかっただけ・笑)。

デンパサールの空港はパンダンリーフの匂いがするよ、って聞いてたんだけど、一番最初に匂ってきたのは「ガラム」の匂いだった。結構好きなのよ、この匂い。

今回の旅行にあたって二人のバリ好きさんに色々と教えてもらったのだけど、荷物をピックアップする時、ポーターに気をつけろ!と聞いていたので荷物を取られたら「ジャンガン!(ダメ)」と言おうと思っていたのに「絶対渡さないオーラ」を出していたのか、誰にも捕まる事なく、通過(笑)。
現地のJTBのスタッフと一緒に乗ってきた人たち3組でヌサドゥアのグランドハイアットへ。
ヌサドゥア地区はセキュリティーがしっかりしていて、この後も地区に入る度、ホテルに入る度にチェックを受けるのだけど、気分はディズニーランド(笑)。
グランドハイアットはヌサドゥアで最大級のホテル。4つのヴィラから成り立っていて、私たちが泊まったのはカテゴリー的にはそんなに高いお部屋ではなかったのだけど、棟自体はグランドクラブの棟だったので、景観がもんのすごく奇麗だった。

お部屋も広々。撮り方が悪くて広く見えないけど(苦笑)。
電気の切り替えも出来て、ホテル特有の薄暗さだけでなく、明るくも出来るお部屋でした。

CIMG6866.jpg

洗面台も二つ。バスルームも広々。こりゃあいいわ♪

CIMG6848.jpg

泊まったお部屋はコネクティングタイプのお部屋。
部屋に案内される時、空を見上げると私たちの乗ってきたJALが東京に向かって飛んで行くところでした。星空がきれー♪
こうやって一日目の夜は更けて行きました。
明日からが楽しみです^^
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。