スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Weißwurst@ Franz Josef Strauß空港(8&9日目:München帰国)

2月26日。

日本へ帰る日が来てしまいました。
最後に空港で食べた食事を載せておきます。出発するのに到着ロビーのスポーツバーでごはんを食べました(笑)。
一週間前にミュンヘンについてボケ~っと待っていた場所です(笑)。

Apfelsaftschorle(リンゴジュースをガス入りの水で割ったもの)

IMG_3800.jpg

すみません、読み方がわかりません(笑)。
溢れんばかりの量が入っていたので、ゴクッと飲んでからパチリ。
この日に飲んだ黄桃のジュースをガス入りの水で割ったのと同じですね。リンゴジュースをガス入りの水で割ったもの。なんとなく最後にドイツらしい物が飲みたかったの(昼間なのでビールは飲まなかった。いや、後で飛行機で飲むからいいや、と思っていた・笑)。

そして念願かなって!
最後の最後にミュンヘン名物のWeißwurst(ヴァイスヴルスト)、白ソーセージです!

IMG_3802.jpg

二度も逃しているし、縁がない物は仕方ないって思っていたんだけど、うわ~♪これは最後に食べられて良かったです。
ハーブがたっぷり入った本当に腸詰め。この皮はナイフで破って中身だけを食べるのです。

IMG_3803.jpg

そしてこの白ソーセージにはハニーマスタードをつけていただきます。
昨日のHBでもこれは出て来たし、レバーケーゼにもハニーマスタード。
正直私には普通のソーセージやレバーケーゼは普通のマスタードの方がいいなぁって思った。
でも、これは違いました。白ソーセージにはこのハニーマスタードがよく合います。
ハーブの風味と甘いマスタード、本当に美味しい。

IMG_3801.jpg

そしてお約束の様にブレーツェル。これは白ソーセージを頼んだらついて来た物です。
最後に食べられて良かった♪

IMG_3804.jpg

キレイな画像がないのですが、カツとステーキのサンドウィッチをシェア。
カイザーゼンメルに挟んでありました。
このゼンメル、今回何度か食べているのですが、以前デュッセルドルフで食べたものに比べ、ミュンヘンの物の方が軽いんです。それを友人に言うとやはりそうだと言います。デュッセルの方がパンがおいしかった…と友人は言いますが、私もそう思った。なんだかパンに重みがないの。
でも、この最後に食べたカイザーゼンメルは3年前に食べた物に近かったと思います。

この後機内食食べるくせに、よく食べるな、私。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




+ Read More

スポンサーサイト

ドイツ料理2@Hofbräuhous om Plutzl(7日目:München)

2月25日。

今日はドイツでのごはんを。最後の晩餐です。
ウィーンからミュンヘンに戻り、ガイドブックにも載っているミュンヘンで一番有名なビアホールHofbräuhous om Plutzl(ホーフブロイハウス)に行きました。

IMG_3790.jpg

ここは1589年設立の由緒正しい王室ビール醸造所。1,200席の大ホールながらいつも満席。実際私たちが訪れた日も物凄いにぎわい。生演奏も聴かれます。

IMG_3791.jpg

もちろん、最後の夜ですもの。飲みます♪
っていうか飲まない日、一日しかなかったな。後は毎日少量ながら毎日何か飲んでたな(笑)。友人も飲める人なのだけど、禁酒中。私が毎日一人で飲んだくれていたという。
でも、こちらのビールって日本より炭酸が弱く、日本の様にキンキンに冷やして飲む事もないので、するするとお水の様に入って行きます(危険・笑)。
なのでドイツ人のみなさんは立派なお腹が出来上がるのだと思う。ま、私も立派ですけど。

IMG_3792.jpg

これはSchweinshaxe(シュヴァインツハクセ)という豚のすね肉をじっくりと時間をかけて焼き上げたもの。
皮がパリパリで物凄く美味しい。マスタードをたっぷりつけていただきました。
添えてあるのは初日に食べたお料理にも添えてあったカルトッフェルクヌーデル(じゃがいも団子)。
これは機会があったらまた是非いただきたいお料理。

IMG_3795.jpg

そしてこれもまた初日と同じソーセージの盛り合わせ。
今日もミュンヘン名物白ソーセージをオーダーしたのだけど、売り切れ。
白ソーセージって早い時間に終わってしまうらしい。
ミュンヘンの名物を食べずに終わるのは残念。
でも、今回はソーセージ食べ切った感はあるー(笑)。
ドイツはビールにソーセージにじゃがいも!いわゆる日本人が抱いているイメージ通りの食事はやり遂げました(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^





+ Read More

Sacher Torte@DEMEL & Wiener Schnitzel@Zum Figlmüller(5日目:Wien)

2月24日。

Wienを代表するスィーツと言えばコレ!
ザッハトルテ

IMG_3732.jpg

ザッハトルテと言えば、日本ではDEMELがポピュラーかな。ウィーンで有名なのはこのDEMELとホテルザッハーのザッハトルテ

以前、お土産で両方のザッハトルテを一度に試食するというチャンスが。
その時に私的にはDEMELに軍配があがった。
これは好みなんだけれど、ホテルザッハーの物は杏ジャムの量が多く、酸味が多い。
私としてはチョコレートを感じられる方が好み。

IMG_3739.jpg

以前、テレビでウィーンのザッハトルテには山盛りの生クリームがついてくる、というのをやっていた。
日本だったらおっそろしくてやりたくないけど、ここは海外マジック。絶対やりたい。
財布の紐が緩むの同様、普段ちまちまこだわるカロリーも度外視。生クリームに埋もれてみたい。
隣のおじさんのお皿に乗った大量の生クリーム。いいないいな♪

…が、運ばれて来たザッハトルテには生クリームはついていませんでした(笑)。
言わないとついて来ないみたい。お願いすると別容器に入れて持って来てくれました。

IMG_3742.jpg

さ、やるか♪
ほとんど甘さのないクリームは濃厚なトルテによく合う。
口に運ぶごとにこれくらいの生クリームをたっぷりとつけていただきました。
物凄くおいしいか?と聞かれれば日本にはもっとおいしいケーキはあると思う。
でも、以前、日本で買ったDEMELのザッハトルテや、お土産で買って来てもらったザッハトルテよりは美味しいと思った。
出来立てであるということ、そしてこの街の、このカフェの雰囲気にあっていると言う事。
揃った条件の中でいただくのは美味しい、と思いました。

DEMEL(デーメル)
《所》Kohlmark 14 《交通》U3号線 Herrengasse駅より徒歩4分
《TEL》01-535-1717 《営業時間》10:00~179:00無休
《料金》€2.80~ 《Card》Visa、Master、AMEX、Diners、JCB
《URL》www,demel,at

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

DEMELで2~3時間喋りつくしたあと、こちらのお店へ。

Zum Figlmüller(ツム・フィグルミューラー)

IMG_3753.jpg

観光客向けのお店ですね。ガイドブックにも載っているし、お皿の上に用意されたナプキンに各国の言葉でこんな風に書かれているし(笑)。
実際に行ってみたら、満席で支店に行けと言われ、支店までの案内が日本語表記で、店内にも日本人を始め、観光客がいました。なんだか紙ナプキンに書いてある日本語が微妙に怪しい感じ。最後の3文字どうやって発音するんだ…(笑)。でも私、こういうの結構好きなんですけど(笑)。

で、ここで何が食べられるかというと…。

IMG_3754.jpg

こんな物が食べられます。特大のウィンナーシュニッツェル。
ミラノ風仔牛のカツレツの豚版です。
まぁ、これだけみても十分大きいんですけど、何か対比するものがあれば…と思ってデジカメを並べてみました。

IMG_3755.jpg

デカっ!
こういう時たばこの箱って便利なんだよね。大きさを比べるのにとってもわかりやすい。このデジカメ、たばこよりちょっと大きめ。
「絶対マスタードがあった方が美味しいわよね。豚カツなんだから」と朝食をいただいたホテルのレストランからマスタードを持参(上に見えるチューブ)。うん、マスタードが美味しい。
こんな大きさだと一体何グラムあったのかさっぱりわかりません。
それでも一人で食べ切ろうとはさすがに思えず、シェアしていただきました。
衣はサクサク、お肉はジューシーで美味しかったです。
大きさもさることながら、一体どんな鍋でこれ揚げてるんだ…?と妙に気になった私でした(笑)。

Zum Figlmüller(ツム・フィグルミューラー)
《所》Wollzeile 5 《交通》U1.3号線 Stephansplatz駅から徒歩4分
《TEL》01-512-6177 《営業時間》11:00~22:30 《休》8月
《料金》昼夜€13.90~ 《Card》Visa、Master、AMEX、Diners
《URL》www-figlmuller.at

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




+ Read More

Imperial Torte@Hotel Imperial(5日目:Wien)

2月23日。

今日から、ウィーンに行ってみる事にします。
「行ってみる」なんて気軽に書いていますが、友人が手配してくれたお陰。

行ってみたいカフェがある、とのこと。行きましょう行きましょう!
ウィーンでは五つ星のホテル、Hotel Imperial。ここのカフェのインペリアルトルテを食べてみたい、という友人。是非、食べましょう^^

Hotel ImperialのImperial Torte

IMG_3657.jpg

ハプスブルクの紋章である「双頭の鷲」が。
オーストリアと言えば、ハプスブルク家。かの有名なマリー・アントワネットもハプスブルクの人間だし、イタリア人アナーキストに殺害されたエリザベートもバイエルンからハプスブルクへ嫁いだ人。
後に書いて行きますが、私、エリザベートによってハプスブルクの歴史を(少々)知った人間なので、このチョコには少し心躍ります。

で、肝心のお味なんですが…。

IMG_3659.jpg

表面のチョコの下に分厚く存在感たっぷりに君臨しているのは…。
こちらではとてもポピュラーな「マジパン」。日本だとあまりマジパンって馴染みないですよね。
このお菓子食べた事あります?
ウィーン土産っていうとこれをよくもらいますが、全く持ってこれと同じ味です。
このトルテ(コチラではこういう生ケーキは「トルテ」と呼びます)、日持ちするらしく、お土産様にもあるのですが、このお菓子っていうかチョコっていうかモーツァルトチョコと同じ味がします。
私は正直なところ、このチョコを美味しいと思った事はないのだけど、不思議なもので、この土地でいただくと美味しい。
風土っていうのかな、ちゃんと土地とその味っていうのは繋がっているのだなと実感。

IMG_3655.jpg

あとはマロンのトルテをいただいてみました。
これも日本の物の方がマロンの味が濃い様な気がします。
日本のケーキって凄いんだなって思った。味もデコレーションも美しいんだなって。
でも、こういうケーキが美味しい環境でもあります、ウィーン。

IMG_3658.jpg

さすがにカフェの写真を撮れる様な状況ではありませんでしたが(何せクロークにコート預けるのにお金払うくらいですから)落ち着いた非常に雰囲気のいいカフェでした。
お値段も日本のホテルで頂くくらいのお値段だったと記憶しています。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




+ Read More

Krapfen&etc.@Richter&Laberkäse(4日目:München)

2月22日。

この週末はドイツはお祭りでした。そう、3年前に訪れた時もカーニバルの時期に当たったんだ。「何のお祭りなの?」「ただ仮装して飲むだけ」だそう(笑)。
夏は日が長いヨーロッパ。こういう時期は特に何もなく、楽しみのない冬にお祭りがあるんだって。学校も休み。

今回(も)お世話になった友人はドイツにおいてパン職人とケーキ職人の資格を持つ。
今はケーキ職人として働いていて、今回も私に合わせて休みをとってくれたのだけど、この日曜日だけは出勤してくれ!と言われ、仕事に出かけて行った。朝の2時から(私は爆睡)。
仕事を終えて沢山のパンを抱えて戻って来てくれました。

IMG_3562.jpg

お気に入りのブレーツェルにゼンメル(プレーンな物と芥子の実のもの)、そして粉砂糖でお化粧してあるのはKrapfen(クラプフェン)という揚げドーナツです。
カーニバルの時期によく食べられる物で、あらゆるところで見かけました。
ミスドのイーストシェルと同じです(笑)。
このカーニバルの時期、このドーナツの消費量は凄いんだそう。それゆえにこの日は出勤!だったのですよ(よね?)。

IMG_3577.jpg

ただ、中に入っている物が違う。クラプフェンの中に入っているのはあんずジャム。
白っぽいのはそのまま使っているのではなく、攪拌してかなり空気を含ませているのだとか。他に何か入れるって言ってたかな…?
普段、好んでドーナツって食べないんですけど、美味しかった!
ドイツやオーストリーのお菓子にはアプリコットを使った物が多いですね~。

IMG_3571.jpg

ブレーツェルにゼンメル、クラプフェンにハム&チーズ。一日分のカロリーを摂ってしまったかの様なブランチでしたが、あぁ、美味しかった!
私、最近、自分の家でこんなに贅沢なブランチをしたことないよ。
ささやかに贅沢で幸せな時間だな。

IMG_3578.jpg

お店のウィンドウの装飾もカーニバル仕様。お店のマダムが一人でやってるんだって。
ヴェネチアのカーニバルみたい。
そういえば、ヴェネチアも今の時期カーニバルよね。

友人の働くお店
Richter(リヒター)
《交通》S6 Planegg駅より徒歩30秒の好立地。迷う人はまずいないでしょう。


そして夜は、一応軽く食べる事にします。
朝早くから働いている友人を気遣いたいものの、日曜日のヨーロッパはお店は休み。
スーパーに買い出しに行く事も出来ない。
なので、また中央駅のスタンドに。

IMG_3606.jpg

これはLeberkäs(レバーケーゼ)というもの。詳しくはリンク先を~(笑)。
ミートローフのきめ細かい版、という感じでしょうか。
ここのお店ではハニーマスタードを挟んでくれましたが、勝手にその後、普通のマスタードをプラスしました(笑)。

IMG_3609.jpg

そしてお家に帰ってビールを飲み…。
あぁ、今日も良く食べしっかり飲んだ一日だった。
世の中からカロリーって言葉がなくなればいいのにぃ~~!

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




+ Read More

Calendar
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。