スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっぷり食べよう!茹でキャベツのマスタードレモンマヨ和え

最初に言い訳をします(←なんか嫌な予感~・笑)。

今日載せるお料理はですね、何度か作っているんだけれど、いたずら心が出て、最後にクミンをふってしまいました。
が、クミンはなくてもよろしいかもしれんのぅ…と思いましたので、クミン抜きのレシピを記載したいと思います。
ってかクミンの載ってない画像はないのかよー?うん、ないのだ。

たっぷり食べよう!茹でキャベツのマスタードレモンマヨ和え

IMG_5353.jpg

しっかし、暑いですよねぇ…。
私、お風呂に入るまでエアコンつけない主義なので帰宅してからもお風呂に入るまで部屋の中で汗だくで過ごしてますの。
あ、そんな事どうでもいいか。作り方作り方。

というかお好きな量でお作り下さい。

キャベツはほんの少し茹でる事によって、生よりもたくさん食べられますよね。
なので、さっと湯がき冷水につけ、水気を切り、適当な大きさにカットします。
そこに、マスタード:マヨネーズ:レモン汁=1:1:1/2くらいの割合で合わせ、これでもか!っていうくらいのブラックペパー(粗挽き)を加え、適当に生ハムでもちぎって混ぜます。

出来上がり。

IMG_5350.jpg

マスタードは粒ではなく練り状の物(ディジョン・マスタード)を使っています。
多分メーカーによって多少酸味等のバランスも違うと思うので、私は1:1:1/2で作りましたが、酸味の調整をしてください。
塩分が少なく感じる場合は少量のお塩を最後に加えて下さい。

マスタードをたっぷり使ってるのでマヨネーズも少なめでいけます。
ブラックペパーたっぷり!っていうのが決めて。

ほんと美味しくてキャベツがガッツリ食べられますよ~。
最近、毎日の様に食べてます。
ボイル海老やツナなんかを混ぜても美味しい。

あ、でもクミンはかけなくていいですからね(かけても良いんだけどね・笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^



スポンサーサイト

本当はツイスターが食べたかった

今日は前々から食べたくて食べたくて仕方がなかったトルティーヤです。

なんちゃってツイスター(ってツイスターじゃないけど・笑)

IMG_5355.jpg

ある日の夕方。仕事場での話。

空き時間にごはんを食べに行く。その日はもの凄くお腹が空いていてガッツリ食べたかった。
「どこ行こうかな~」とつぶやくと
「迷ってるんですか?じゃ、ケンタ行ってきて下さい」
「なんで?」
「気のせいかもしれないんですけど…、うーん、やっぱり気のせいじゃないと思うんだけどなぁ…」
「何が(笑)?」
「いや、チキンフィレサンドがですね、ちっちゃくなった気がするんです。検証してきて下さい」
「お腹すいてるのに、小さくなったフィレサンドを食べに行くなんて嫌(笑)」

…とその日はケンタに行かず。

後日、そんな事をすっかり忘れた私はツイスターを食べにケンタへ。

「こちらでお召し上がりですか?「ハイ♪」と元気よく返事をした私だったが、トレーに乗せられた未だかつて見た事もない小さなツイスターに釘付け。
返品しようかと思ったくらいちっちゃいんだけどー!

「これじゃ絶対足りないわ!」と思った私は

「やっぱりテイクアウトにします♪」

と持ち帰って、コンビニでおにぎりをさらに買ったのでした(笑)。

IMG_5357.jpg

といういきさつの元「えぇい!自分で作って思う存分食べてやるぅ~!」と思い続け、もう二ヶ月くらい経ってるんですけどね(笑)。
で、ツイスターみたいなの作るー!といいつつ、中身は冷蔵庫や冷凍庫にあるものなので、結局違うんですけど(笑)。
これは先日のカレーのときのなんちゃってタンドリーチキン
味付けして冷凍しておけるって言うのは便利。
だけど家の冷蔵庫は常に冷凍庫がパンパンです(←それがどうした)。

IMG_5358.jpg

で、こちらも残り物のソーセージです。
冷凍庫から発見されました。
両方ともズッキーニが入っています。スーパーで半額になっていた使ってあげないとかわいそうなズッキーニ。
切り方が違うだけで同じズッキーニ。
手抜きです。

IMG_5363.jpg

で、ちなみに、トルティーヤなんですが、コーンフラワーもないし、レシピによっては強力粉だったり、薄力粉だったりするので、適当に混ぜてみました。
気分は準強力粉。

材料:17cmくらいのもの6枚分
強力粉     100g 
薄力粉     100g
塩       少々
オリーブオイル 大1
ぬるま湯    100cc

これを混ぜて一塊にしてラップして30分寝かせます。
6等分して、打ち粉をしながら(しないとくっつく~)綿棒でのばし、フライパンで焼いて(油はいりません)出来上がり。
簡単~。
で、好きな物を巻いて食べましょう。

結局、何の工夫もないんですけど、トルティーヤが食べられて満足した、って言う話です。

だけど、ツイスターもあんなにちっちゃいんだから、フィレサンドも絶対に小さくなってると思うわ。
ケンタ好きの沖縄の人はどう思ってるのか知りたい~(>▽<)

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^


砂肝ときのこのさっぱりこってり矛盾丼

今日の画像も地味よ~、茶色いわよ~、まっ茶色~~^^;

私、砂肝ってとても好きなのですが、私の中では砂肝って「酒の肴」なのね。
仕事が早く終わった日に「今日、飲もうかなぁ」なんて考えつつスーパーに寄ると手に取っている事が多い。
でも流石に一パックを一人で食べきる事はないので、残りは冷凍保存。

最近、家でお夕飯を食べる機会がなかなかなく、いい加減使わないとね~、な砂肝が。
お昼間なのでランチとして食べられるメニューを考えてみました、

砂肝ときのこのさっぱりこってり矛盾丼

IMG_5345.jpg

まーた今日も変なタイトルつけちゃいましたが(笑)。
それは後で説明するとして…、

作り方作り方!

材料:一人分
砂肝             2~3個(大きさによって使用する数を変えてね)
蓮根             5センチ幅くらいのものを半分
エリンギ           小さめのもの一つ
しいたけ           2個
ホワイトしめじ        1/3
すりおろしにんにく&しょうが 適量
ごま油            適量
塩コショウ          適量
お酒             適量
醤油             少々(香り付け程度)
バター            少々
大葉             3枚
胡麻             お好みで
目玉焼き           1個(お好みで。でもあった方がいいです・笑)

IMG_5348.jpg

薄くスライスして食べやすい大きさに切った砂肝に塩こしょうをしっかり目にします。
蓮根、キノコ類はお好みの大きさ&形にカット。
にんにくとすりおろし生姜を胡麻油で香り出しして、砂肝と蓮根を炒めて行きます。
大方火が通ったら、キノコ類を加え、日本酒を加え炒めます。
バターとお醤油を加え、細かく刻んだ大葉3枚のうちの2枚を加え、あらかじめお皿に盛ったごはんに乗せて、残り一枚分の大葉を散らし、胡麻をふりかけ、目玉焼きを加えて出来上がり。

IMG_5346.jpg

で、「矛盾丼」などというタイトルなんだけど(笑)。
なんだか、こってりしたものが食べたい~⇒ごま油、にんにく、バター
あぁ、さっぱりしたものが食べたい~⇒生姜、大葉
と、となりまして、色々入れちゃったのよ(笑)。
でも、相性の良い物ばかりなので問題なし。

今日はにんにくも生姜もチューブです。きのこの量も種類もお好みでどうぞ^^
食感のアクセントになっているのはタイトルに名前を入れてもらえなかった蓮根(笑)。
しゃくしゃく感が美味しいです。
半熟の目玉焼きを崩して混ぜながらいただくのとこれまたマイルドで美味しい。

オイルをごま油⇒オリーブオイル、ハーブを大葉⇒バジル、あたりに変えてみると「洋」な雰囲気になると思います。同じ様な材料や味付けでも油の使い分け、ハーブの使い分けで行く通りの味にもなる。これもまた料理の楽しいところ^^

砂肝ってあまり「昼ご飯」に食べる事ってないと思うんですけど、こういう食べ方なら美味しくランチにいただけます^^
ただし、もの凄く茶色いですけど(笑)!

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^


めかじきのソテー・ローズマリーマスタードソース

今日の画像も茶色いですよ~~。
洋食なのにこんなに茶色く仕上げるなんて私はちょっとした天才かも~~~。

くだらない冗談はさておき

めかじきのソテー・ローズマリーマスタードソース

IMG_5335.jpg

もしかしたら、ここに「洋食系の魚」が登場するのは初めてかもしれません。
出した事あったっけなぁ?記憶が定かじゃないわ。
…と思って検索かけたら一件だけひっかかりましたが、もうほとんど登場しません。
魚は好きなんですよ~。でも地味に和食で食べる事が多くて(だって普通に焼きサバとか食べてるから)ここには載らないのね~。

で、実は私、めかじき好きなんですよ。
これはブログ始める前にもよく食べてた。洋でも和でも。
だけどどうもネジが一本足りないのか「めかじきが好き♪」って事をすっかり忘れてたんですよ、もう何年も!(←バカね~)

まぁいいや。作り方書こう。

めかじきに塩コショウします。薄く小麦粉をはたきます。
半分に切ったにんにくとオリーブオイル、ベランダからブチッともぎってきたローズマリーをフライパンにいれ、ゆっくり香り出ししていきます。
いい感じに香りが立ちこめたら、めかじきをキレイな焼き色がつくまでソテーして行きます。
火が通っためかじきをお皿に移し、フライパンに白ワイン、粒マスタード、顆粒コンソメをいれ、ちょっと煮詰めてソースも完成。
適当に盛ってみれば出来上がり。
調理時間も5分足らずですっごく簡単。

IMG_5336.jpg

付け合わせはただ焼いただけのズッキーニときのこのソテー。この時はソーセージだけど、今日はパンチェッタ使用です。パンチェッタの方が美味しいわ。
またきのこ熱があがりそうです(笑)。

めかじきはくせがない魚だから、チキンを扱う様な要領で色んなソースと相性がいい。
なので私にとっては「洋」にしやすいお魚です。
でもきっとあと二切れ残ってる分は和で食べちゃいそうだな~(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^



茄子とズッキーニのサンバルマヨカドサラダ

本日の画像は決してキレイとは言いがたい物なんですけど、美味しいので載せておきます。

茄子とズッキーニのサンバルマヨカドサラダ

あぁ、今日もまたいいタイトルが思いつかず頭の悪そうなタイトルになってしまった…。

IMG_5327.jpg

とりあえずわたくし、ポリシーとして「イマイチ」な味の物は載せない事にしているので、お蔵入りしてるものもあるのですよ。
なので、ここに載っているのは一応「美味しい」と自分の舌がGOサインを出したもの達なのです(←それが一番あやしいってか?)。
ですから、見た目はよくありませんが、美味しい、と思うのです(だんだん自信なくなってきた・汗)。

材料(写真の1.5倍量)
茄子        2本
ズッキーニ     1本
にんにく      ひとかけ
オリーブオイル   適量
アボカド      1/2
サンバル      大1
マヨネーズ     大1
レモン汁      適量
ミニトマト     2個

茄子は縦に4等分したものを半分に切り、ズッキーニは輪切りにしてスライスしたにんにくで香り出ししたオリーブオイルで素揚げします。
適当な大きさに切ったアボカドとサンバル、マヨネーズを和え、レモン汁、素揚げした茄子とズッキーニ、1/4にカットしたトマトを加え和えて出来上がり。
超簡単だけど、アジアンなサラダです。

サンバルというのはインドネシアの調味料です。インドネシアのスィートチリです。でも、でも普通のスィートチリよりちょっと辛いと思います。透明感ないし。
トマト、にんにく、唐辛子がベース。市販品には発酵した海老のペーストが加えられているものなんかもあって、かなりの種類があるのだけど、今回使ったのはとてもオーソドックスなもの。
輸入食材店などで手に入ります。
…が、今回使った物はオーソドックスではあるんだけど、Extra Pedas(エクストラプダス)なので超辛いのです。これは日本では手に入らないかも。現地で調達した物なので。
なので、結構辛いんですけど、ね。
私は辛いのが好きなのでエクストラプダスのサンバルを使いましたが、もちろん普通のサンバル、スィチリでOKです。

IMG_5328.jpg

これね、見た目をキレイにするのはアボカドを最後に和えるべきだったな、と。
最初に和えちゃったのでなんかちょっとぐちゃぐちゃっぽくなりました。

今日はこんな盛りつけになっちゃましたが、これは人が集まる時に、一人一人に少しずつ盛って、突き出し的に出すといいかな、と思います。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




↓下にどうでもいい話を書いてみました。
お暇な方はどうぞ。
別に面白くもなんともありませんが(笑)。


+ Read More

ひまつぶしにひつまぶし

昨日は土曜の丑の日でしたね~。
冷凍庫にほんの少しだけうなぎがあったのでひつまぶし風の丼にしてみました。

それにしても一人前もないわっっ(汗)

IMG_5332.jpg

こういう時に必要になるのが知恵。
一緒に丼に盛って、量も増せて彩りも出来ればキレイな物がいいし、食べた時に合う物がいい。
…などとうんちくを語っているが実は余り物が乗っているだけですの、オホホ。
先日、そろそろいいでしょう~と思ってカットしたら全くもって熟れていなかったアボカドが予想を遥かに超えて熟れていた事。
最近全く玉子を食べていなくて、いつ買ったのか怪しい玉子がいっぱいある事。
それを盛ってみただけです(笑)。

IMG_5334.jpg

アボカドはお気に入りの大葉味噌を和えて。
うなぎなので山椒、といきたいところですが、今日はわさびで。
少量のうなぎでもボリューミーに美味しくいただけました。

土用の丑の日って「う」のつくものを食べればいいんだって。
だからうどんでもいいんだって。
うどんの方が安上がりね。じゃ、来年からうどんで(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^



センヤイのナンプラー炒め・花椒風味とリンクについて

最初に書いておきます。
今日の日記はとってもとっても長いです。
「めんどくせぇなぁ、くらんさんは!」って思う人もいるかもしれない。

ま、とりあえず、料理の話から(笑)。

タイの米麺、クィッティオ(ベトナムだとフォーだね^^)。
センミー(極細麺)、センレック(細麺)、センヤイ(太麺)の三種類の太さの麺がある。
私はこのきしめんの様な太いセンヤイが好きでこれをよく好んで買う。
お湯に少しつけておくだけで戻せるのだけど、ちょっと戻し過ぎくらいの感じが好きだったりする(邪道?・笑)。
お箸で持ち上げた時に塊で持ち上がる様な感じくらいのもっちりさ加減が好きだったりする(笑)。

センヤイのナンプラー炒め・花椒風味

IMG_5296.jpg

にんにくを胡麻油で香り出しして唐辛子を加え、好きな材料を塩こしょうでどーん!と炒めて、お湯で戻したセンヤイを加え、ナンプラーと醤油、花椒をばばば~ん!とふって出来上がり(←もの凄い作り方・笑)。

実はこれはさとみさんのところで見たメニュー
なんか美味しそうだなぁ、あぁそういえば一人前センヤイが残ってたなぁと思って作ってみたもの。
作り方そのものより、画像をみて「美味しそう」と思って作ってみたものなのね。
有頭海老もなかったし、家にある材料で適当に作ってみよう、と思ったもの。
なのでまんま同じ物ではない。

でも、そういう事ない?
先日ね、友人と料理本の話になったのだけど、私は料理本って持ってないんだ。
だけど、最近、料理本の写真ってとても好きでね。
レシピそのものは見てなかったりするんだけど、こういう盛りつけいいなぁ、とかこんな色合いっていいなぁとか思う。
それはお友達のブログでも同じでね、そのお料理の写真を見たらなんだか突然ひらめいて、実際味付けも材料も違うんだけど、そこからヒントを得た、みたいな事、私はあるんだけどみなさんはどう?
私は料理ブロガーさんならそういう事ってあると思うの。

IMG_5297.jpg

今や、全くの新しい料理ってないような気がするんだ。
ベースがあって、それぞれの一捻りや一工夫が新しい味を生むと思うのね。
だから、もしここを見てくれた誰かが美味しそうと思って作ってくれたり、ここから何かをひらめいてくれて新しいお料理を作ってくれたらそれはとても嬉しい事だなあって思う。

なんだかとても面倒くさい事を書き始めちゃいましたが、私(笑)。
実は以前からこの事は書こうと思っていて…。
文中リンクについてです。

以前、リンクはどこまで貼るべきか、という事をある方とお話ししました。
リンクを貼るべきか、どこまで貼るべきか、問題の起きているブログもあると聞きました。
その事について私なりの考えを書いてみようと思います。

例えば私が交流のある方のブログに行って、美味しそうだなぁと思うお料理が載っていたとします。でもそれはその人のオリジナルではなく、その人もどなたか別のお友達のレシピで作られていた場合、一体どこまでさかのぼってリンクを貼れば良いのか。
うん、とても難しいというか面倒くさい、というか(苦笑)。
「Link」という言葉はつなぐ、連結、連鎖、なんて意味がありますが、そのレシピが美味しそう!って輪が広がって行くのは素敵な事なんだけど、さかのぼりすぎちゃうととても大変だよねぇ…っていうのがあります。
なので私は基本的には自分の繋がっている人のところまで貼りたいと思っています。

リンクの問題って面倒だなぁと思うのだけど、逆にね、実際やりとりをする仲なのにリンクを貼らないって言う事にも疑問を感じたりもするのですよ。
あ、この書き方だと語弊があるかな…。
リンクって絶対貼らなくちゃいけないものだとは思っていないのだけど、私以前、ちょっと嫌だなぁと感じた事があるんです。

ある人が私が作った物を作りました。作り方は全く同じではなかったと思います。
でも、一目見て明らかに私が作った物を参考にしたと言う事がわかりました。
私はそれに対して、リンクを貼ってほしいとは思わなかったけれど、まるでその人のオリジナルみたいに書かれている事が嫌だなぁと思いました。
その人にここを見られている事がストレスに感じる様になりました。
もう交流は持ちたくないと思いました。

IMG_5295.jpg

私のこの今回のセンヤイのナンプラー炒めはさとみさんのレシピと全く同じではないけれど、ヒントをいただいたり「そうだ!家にセンヤイあった!」って思い出させてくれたり、引き出しをあけてくれるきっかけになったりしてます。
だから、一目見て「あれ?私が作ったのと同じ?似てる…」って思われる様な物は私は全く同じでなくても「ヒントをいただいたよ!」って書きたいと思います。
今、ここで繋がって下さってる方達はみなさんそれをして下さるし、私もみなさんからいただいたヒントがあったらそれは書きたいと思うの。

これには賛否両論あると思う。
いいじゃん、そんな事!面倒くさい!って思う人もいると思うし、この件を書くのはだいぶためらわれました。
でもね、たくさんの料理ブログがある中で、コメのやりとりをして繋がったんだもの。
お互い、気分よく繋がっていた方がいいなぁと思うのです。
それこそが「リンク」なんじゃないかしら?^^と私は思うのです。

なんか「リンクリンク」ってうるさいなぁって感じだと思うんだけど、リンクというより、ヒントを得た事くらいは書け!って思うの。
自分のオリジナルみたいに書くな!って。交流のない人ならいいよ。
でも、あるのならそこはネット上の世界であってもマナーでしょ?って。

私とやりとりのない方にまでわざわざリンクしていただく必要はないと思ってます。
でも、繋がっていて下さる方とはお互い気分よくやりたいと思うの^^

今繋がって下さってる方達は、多分同じ様に考えて下さってると思うんだ。
みなさん、どなたかのを参考にされてる時はリンクを貼られてる。
文中リンクはちょっとした「ありがとう」でもあると思うんだ。
まんま作りたくなっちゃった!こんな事ひらめいちゃった!忘れてた事思い出させてもらっちゃった!どうもありがとう~^^ってね。

私はここではやっぱりそういう人と繋がりたいから、なんとなく気分を害する事をする人とは繋がりたくないと思ってる。
これからもちょっとこういう事書いちゃうかもしれない。

くらんさんっていちいち嫌な事書くよな!
とか思われるかもしれないけど、書いちゃうかもしれない。

だってさー!ブログの世界でストレスなんて嫌だもん!

あくまで私の思った事なので、気分を害された方がいたらごめんなさいm(_ _)m

↓色々書いちゃったけど…よろしければポチっとお願いします

ネギ味噌とその活用術

本日「これでもか!」ってくらい地味な画像のオンパレードです。

仕方ないよ。本当に美味しいんだけどどう頑張っても見た目「地味」な食べ物ってあるよね。
そうそうあるある。「美味しいけど地味」ってやつね。「味噌」なんてまさにその代表格よね(一人でノリ突っ込み・笑)

ネギ味噌とその活用術(←変なタイトル・笑)

IMG_5267.jpg

しつこくしつこく大葉味噌を仕込んでは消費し、仕込んでは消費し、を繰り返す私なのだけど、このままでは「大葉貧乏」になりそう…。
大葉が安いのなんて夏場だけだし、冬になったら贅沢につかえないじゃん。
どうすんのさ…。代替え案代替え案…。

という訳でネギでやってみました。

作り方は全く同じです。大葉味噌と。
でも、一応書いておこう。
<材料>
小葱        どーんと一束
合わせ味噌     大5
コチュジャン    大2
すりおろしにんにく 小1/2
みりん       大2
胡麻油       大1
切りごま      適量

小葱は細かく刻みます。さすがに一束刻むと気分は「未来の巨匠」。
小葱以外の調味料をお鍋にいれ、火にかけます。
小葱から水気が出るのとみりんが入っているので少々水気を飛ばします(小葱は水切りしてありますが、小葱そのものに水気があるのを考慮してます)。
これに大量に刻んだ小葱を加えて出来上がり。

IMG_5265.jpg

色々便利です。
さっと茹でたもやしと和えておけば、お酒のお供にもなるし、冷や奴と合わせても美味しい。
どうも最近ビールに合うつまみばかり考えてしまう私です、わはは。

そして↓は「豚バラとキャベツのネギ味噌炒め・花椒風味」

軽く塩こしょうした豚バラをカリカリに焼いて取り出します。
そこにざく切りのキャベツを入れ、軽く炒め、ネギ味噌を少量のお酒で溶かしながら混ぜて行きます。
豚バラを戻して花椒をふって出来上がり♪

IMG_5314.jpg

見た目、哀しいほどに地味ですが、美味しいのですよ(笑)。
ごはんにとてつもなく合いますが、これまたビールにもあってしまいます。
梅雨が明けてからビールの事ばっかり考えています(笑)。

大葉味噌とネギ味噌。どちらがお好み?と聞かれれば私は使用頻度しては大葉味噌かなぁと思います。アボカド丼もこの味噌でもやってみたのだけど、やはり私としては大葉味噌の方が美味しいなぁと思う。上のもやしも私は大葉味噌が好み(だけどちょっと意見が分かれた。ネギの方がいいって人もいました)。

でも豚とキャベツにはネギ味噌!
使う材料によってお味噌も使い分けてみるのがいいな、と思います。
ちなみに塩味の焼き鳥につけてみても美味しかったです^^

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^



サグチーズカレーとチャパティ

これはちょっと前に作った物なんだけれど、なんだかカレーネタが続いていたので「くらんさんはカレーバカなんじゃなかろうか?」という誤解を招くのもちょっとなぁ…と思って出し渋っていた物です(笑)。

実は先日のカレー、本当は今日のこのカレーを作る為のベースとして作りました。

サグチーズカレーとチャパティ・なんちゃってタンドリーチキン付き

IMG_5289.jpg

長いなー、タイトルが(笑)!

まずは言い訳から始めましょう。
サグカレーを作りたいなぁと思っていたら、テレビでチーズカレーをやっていて
「そぉだ!これでやろーーー!」
と一人で盛り上がる。チーズカレーを作って、さぁ、野菜室にあるほうれん草を茹ででミキシングして混ぜるぞ~♪
と思って冷蔵庫をあけたら、完全に逝ってしまわれたほうれん草が…。

断念して、普通に海老やら野菜を入れてカレーを食べた…。
そして腹ごなしにスーパーにほうれん草を買いに出かけた。

その日の夜にさとみさんのところに遊びに行ったら、さとみさんがサグカレーを食べていた。
しかもとっても美味しそうなチャパティも一緒に。
私の最近最もハマっているスパイス、クミンがふんだんに使われたチャパティ。

IMG_5292.jpg

これはもう作るしかないよね。
新しいほうれん草は買ったし、全粒粉もあるし、クミンシードもあるし、あぁ、これ作る為に生まれてきたのね、私…。なんて事は思わないけど、作るしかないわ~♪
と明日はサグカレーとチャパティ~♪
なんてわくわくしながらベッドに入った。

サグカレーはこの前回のカレーに茹でてミキシングしたほうれん草をどーん!と加えて作りました。
なんとなくチキンが食べたくて、前日から解凍。
カレーと一緒に煮ようかな、とも思ったんだけど、ぶつ切りにしてオリジナルカレーパウダー、生姜&にんにく(共にすりおろし)、少量のヨーグルト、ケチャップでぐちゃぐちゃ!っと和えて、オーブンに放り込みました。

IMG_5290.jpg

何もかもすべてが美味しいカレータイム!
チャパティ、とっても好みです。素朴な味でクミンの香りがきいてて美味しい。
ちぎって、カレーにつけたり。
チキンもそのまま食べたり、カレーにつけたり。
チャパティにカレーもチキンものせて巻いて食べたり。
なんだか妙に楽しいカレータイムでした。

さとみさんのチャパティ、うまぁ~い♪また作ろうっと^^

さとみさんのチャパティの作り方はコチラからどうぞ♪

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




冷製・トマトスープラーメン

暑いですねぇ…。
今日は冷たいラーメンです。

冷製・トマトスープラーメン

IMG_5301.jpg

玉葱1/2をみじん切りにし、にんにくと一緒にオリーブオイルで塩コショウして炒めます。少量のお水を加え軽く煮てミキシングします。
そこにトマトジュース(無塩の物。190ml缶一缶)、鶏ガラスープ(粉末)、水、乾燥バジルを加えサッと火を通します。
味見をして塩をプラスします。
冷蔵庫で冷やしてスープの準備はOK(私はお得意の「冷蔵庫で一晩」です・笑)。

IMG_5300.jpg

今日の具材はアスパラ、茄子、ズッキーニ。
これを素揚げします。
茹でた麺を水洗いして、冷やしたスープや具材と一緒に盛りつけて完成。

冷製のトマトスープパスタの麺をかえただけじゃん!と思われるでしょうが、たまご麺との相性が凄くいいの。
スープとの絡みがパスタよりいいと思います^^

今日はある材料でやったので、鶏ガラスープに少量のオリーブオイルでやりましたが、市販の塩ラーメンのスープを使ってもいいと思います。
ただ、このやり方の方がヘルシーだと思う~~~。

IMG_5302.jpg

このスープのポイントは炒めてミキシングした玉葱が甘さを出してくれていること。
たっぷりのバジルを入れる事、かな。

このスープ、結構濃度は濃いめなので、さっぱりが好きな人はトマトジュースを減らしてお水を増やしてみるといいと思います。

素揚げしたお野菜達が甘くって本当に美味しい。
誰かだまされたと思ってやってみませんか(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^


お休みの間の常備菜

ブログをお休みする、と宣言した途端、台所に立ちました。

一人暮らしをしていると、何かを作っても一回の食事で食べきれない物がたくさんあって、それがこんな常備菜だったりするんだけど、実はこういう物が大好き。
なるべく少量で作ろうとは思っているのだけど、どんなに少なく作っても3~4食分は出来てしまう。
でも、明日からこれをずーっと食べまくる事が可能だわ~♪なんてわくわくしながら一気に作った。

IMG_5161.jpg

白和え、ひじきの煮物、高野豆腐とどんこの煮しめ、蓮根の胡麻マヨ和え

これにきんぴらが加わったり、切り干し大根の煮付け、卯の花なんかが入れ替わって非常にヘルシーなプレートを毎日楽しんでいました。

で、白米+玄米+雑穀のごはんを大量に炊いて小分けしてストック。
モニターの料理以外はほんと野菜を中心に食べていたなぁ。
そして、これもよく食べていたもの。

韓国海苔風佃煮

IMG_4588.jpg

ちょっとしけかけた海苔がある時なんかに作ります。
市販の海苔の佃煮は私にはちょっと味が濃くて苦手。
自分で調整できるのが良いのと、韓国海苔が好きなのでこの味付けで作ります。

ちぎった海苔にお水、塩、ごま油で煮詰めるだけ。
多分、科学調味料をプラスすると美味しいのだろうけど、なんとなく抵抗があるので、私は少量のお醤油とぱらっとお砂糖をプラスしてます。

こんな感じのごはん生活がなんとなく定着していた一ヶ月でした。

お休みしている間に、ブログという物に関して色んな考えが浮かんだんですけど、で、なんとなく思いついた事をポツポツとかいてみようかなぁと思っていたんだけど、いざPCに向かうと難しいね。
書くのにもの凄い時間を要しそうでなかなか書けないし、その間に考えている事がどんどん増えたり大きくなったりしてる。

要領が悪いのか、なんだか一つの記事をアップするのにとっても時間がかかる今日この頃。
仕事がちょっと忙しくてなかなかコメントのお返事もままならず…。
気持ちに余裕がないとちゃんと書けないみたい^^;
きちんとお返事書きたいので、もう少しお待ち下さいませm(_ _)m

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^



シュリンプチーズカレー

ふとテレビをつけたら一体何の番組だか一瞬わからなかったのだけど、カレーを作っていた。
チーズ入れると本格的なインドカレーになるんだよって言う。
ピザ用とかじゃなくてスライスチーズ!
なんていう台詞が聞こえてきたのだけど、用を足しながらチラッと聞いただけなのでなんだかよくわからないのだけど「そぉか、チーズか…」と思い、カレーを作ってみる事にした。

シュリンプチーズカレー

IMG_5277.jpg

どうも最近、自分でも覇気がないというかなんか落ちてる感じがして仕方ないものだから、ちょっと刺激物でもとってみた方がいいんじゃないかしら?と思ってカレーを作ってみた、真夜中に(笑)。
頭の中には「スライスチーズ」という言葉のみ。後の作り方はわからないけど、まぁいいや(笑)。いつもの要領で作っちゃいます。

材料:二皿分
(A)
玉葱(みじんぎり)    1個分
にんにく(みじんぎり)  ひとかけ
塩コショウ        少々
オリーブオイル      適量
オリジナルカレーパウダー 大1(市販のカレー粉でいいと思います。粉ね、粉)

(B)
トマトジュース      適量
固形コンソメ       1個
ローリエ         1枚
ケチャップ        ブチュッと一回分

牛乳           適量
スライスチーズ      2枚
醤油           少々

(A)の材料をよく炒めます。そこに(B)を加えて煮ます。トマトジュースは少なめ。ペーストになるくらい煮詰めます。
そこに牛乳を加えのばして行き、チーズをちぎって加えます。
お好みの濃度になったら味見をして、隠し味として少量のお醤油を加えて出来上がり。

IMG_5275.jpg

具は何でもいいと思うのだけど、今日は海老とアスパラ、エリンギ、しめじです。
少量のバターでソテーしてルゥと合わせました。
チーズの効果は大きかった!
私のカレーパウダーは辛目に作ってあるのでそれをまろやかに、濃度も出て、使ったパウダーはインドっぽいのにちょっと欧風な感じもあって美味しかった。
これからこのやり方でいこうっと♪

最初から大きめのチキンと一緒に煮込んでみてもおいしいかも、と思いました。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^



ごつごつグレフル寒天ゼリー・カシス風味

私は家でフルーツを食べる事って滅多にない。
嫌いな訳ではなく、剥くのが面倒、とかタネを出すのが面倒…などという非常にものぐさな理由で^^;

が、冷蔵庫にあったので。グレープフルーツが。
でも、剥いて食べるだけっていうのがなんか嫌だったので。
作ってみる事にしました。冷菓。蒸し暑いから(笑)。

ごつごつグレフル寒天ゼリー・カシス風味

IMG_5278.jpg

材料:2つ分
グレープフルーツ    1個
水           100cc
砂糖          大2
粉寒天         2グラム
白ワイン        50cc 
MONINカシスシロップ  適量
レモン汁        少々

グレープフルーツは鼻歌でも歌いながら皮を剥いて行きます(歌わなくてもいいです)。
お水、砂糖、粉寒天と一緒に火にかけ、ます。この時なるべくグレープフルーツの形を崩さない様にね。
グレープフルーツだけ取り出し、器に入れます。
残った汁に白ワインを加え再び火にかけ、カシスシロップ、レモン汁を加え、あら熱がとれたら器に入れて冷蔵庫で冷やして出来上がり。

ちなみにお砂糖はグレープフルーツの元々の甘みによって調整してください。
最初は少なめに入れるのがおススメ。私はカシスシロップは控えめにしましたが、もっと入れたい人はお砂糖はほんと少なめに。
粉寒天も、メーカーによって若干使用するグラムと水分量に誤差がある様なので使うものの説明に従って下さい。

IMG_5279.jpg

ゼラチンだとグレープフルーツは下準備が面倒なので食物繊維豊富な寒天を使用。
カシスの香りにレモンの風味。色もほんのりピンク系に(オレンジか?!・笑)。

私はゼリーは結構固めが好きなのでしっかり固めてみました。
グレープフルーツも形を崩さない様にしたので結構ごつごつ。
見た目は可愛らしい冷菓ですが、口に運ぶとなかなかワイルドです(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




鶏挽肉の大葉味噌そぼろ

大葉味噌にすっかりハマってしまって、安い大葉を手に入れるべく、JAに行ってみたり、安いと噂される八百屋やスーパーに行ってみたりでもう大変(笑)。

第三回目の大葉味噌を仕込みました(笑)。
すっごく大量に作ったので、色んな物に生かしてみたいなぁと。

私の大葉味噌は調味料的要素が強い気がします(元々はさとみさんのレシピを参考にさせてもらったもの。さとみさん、美味しいレシピをありがとう~^^)。
味が濃いんだよね。

鶏挽肉の大葉味噌そぼろ

IMG_5268.jpg

食感がコリコリと感じられる大きさ(3ミリ角くらい)に切った蓮根をさっと茹ででおきます。鶏挽肉(今回は胸)を塊のままある程度火を通してから崩し、蓮根を加えて炒めます。
テフロン加工の物を使って、油は使わずに。
8割型火が通ったところに適量の大葉味噌、お酒を加えて和えて出来上がり。

IMG_5269.jpg

あまりポロポロにするより少し塊感があった方がおかず感が楽しめます。
お肉だけでもいいけれど、蓮根の食感がコリコリと美味しいです。
ごはんにのせたらご馳走。
お素麺やおうどんとも相性がいいですよ~^^
大葉が安く手に入りやすい夏の時期にあと何回作る事になるかなー。

↓レシピブログに参加中です。よろしければポチっとお願いします。
励みになります^_^



海老とほうれん草のスパイシーカレー

確かこれはお休みしますって言ってすぐに作ったんだと記憶してる。

やけに美味しかったのだけど、どうやって作ったんだか忘れちゃってる。

海老とほうれん草のスパイシーカレー

IMG_5164.jpg

確か大量の玉葱とにんじんをすりおろして塩こしょうしてにんにくと一緒にオリーブオイルで炒め、そこにオリジナルカレーパウダーを加えて更に炒めて…。
そこにヨーグルトとトマトの水煮缶、ローリエ、コンソメ、白ワインでコトコト煮込んだ。
で、お醤油やら、チョコやら加えた様な気がする…。
私の煮込み物は一晩おく、と決まっているから翌日茹でたほうれん草と海老を加えて味を整えたんだな…。

…とまぁ、まあ元々私の料理って言うのはいつも足し算。
味見しながらあれやこれやと何かを足して好みの味に仕上げて行く。
だから本来レシピを載せるって不向きなんだなぁと思う(苦笑)。

IMG_5165.jpg

ブログを休んでみて良かったな、と思ってる^^
一言では書ききれない色んな事がわかったし、見えたし、嬉しかったし、とにかく休んだ意味はあったなぁってしみじみ思う。

本来ならまだまだ本調子ではありませんー。
でも、ここも私の人生の中の1ページ。止まってしまうのもなんだかなーって感じなので、そろそろ再開してみようかと思います。
だらしがないのでこれ以上止まると復活は100%無理になりそうで~(笑)。
でも、多分今後は不定期だし、アップする料理の形や書く内容も変わるかもしれません。
辛辣な事とか書いちゃうかもしれないし、くらんさんってこえぇえぇぇ!って思われるかも(笑)。
なんてね、今まだまとまらないだけです(笑)。

とりあえず今日は作り方がうろ覚えになってしまったカレーです(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^


Calendar
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。