スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツナと海女海苔の和風パスタ

先日母と一緒に買い物に行った時に試食販売で売っていた海女海苔。
これ、玉子スープなんかに入れても美味しい。磯の香りがふわ~んと広がる。
試食させてもらった時にこれはパスタにしたいなぁ、ツナと一緒に、と思った。

ツナと海女海苔の和風パスタ

IMG_8002.jpg

今回も材料&作り方は書く迄もなく。

〈材料〉今日も分量記載なし
ごま油、にんにく、しめじ、葱、ツナ缶(ノンオイル使用)、塩、ブラックペパー、出汁醤油、海女海苔

〈作り方〉
まぁ、なんというか順番に入れて行けばいいだけです。

IMG_8004.jpg

すみません、こんなレシピで。
画像も地味で(笑)。
でもとっても美味しいのですよ、海女海苔が。


ありがとうございました^^

IMG_8018.jpg
ちなみに海女海苔とはこんな感じの海苔です。
見た目「あおさ」っぽい。
あおさより少し粗め、と言った感じです^^


スポンサーサイト

角煮deサラダ丼

忙しい時に限って、あれやこれやと作りたくなったりするのだけれど、今どうもそういうモードにならない。
ここ数年、その仕事をしていなかったので忘れていたんだけど、以前この仕事をしてたときも確かそうだった。
食生活がもの凄くおざなりになる程、頭の中が忙しい。

と言う事で食べたいもの、作りたい物がほとんどありません。
でもなぁ、お家で仕事してればごはん食べなきゃいけないし。第一頭使ってるとお腹すくのよね。
ちょっと一段落しようとテレビをつけたら、今「サラダ丼」が流行ってるんだそうで。
あ~、美味しいよね、サラダ丼。
久々に作るか~、適当にある野菜と何か残り物で。

角煮deサラダ丼

IMG_7993.jpg

あぁ、角煮を作って保存しておいて良かった♪
こういう時にそう思う。
レンジで温めるのは好きじゃないから解凍したらやはりお鍋に移して火を入れるけれど、やっぱりまな板出して来て、包丁握ってってするより楽…。
忙しい時の救世主だわ。

という事で温玉を作って雑穀と玄米入りのごはんにばーん!とのせて出来上がり。
角煮の煮汁がたれとなって美味しい。

IMG_7997.jpg

忙しい時には助かるかも、サラダ丼。
野菜も一緒に摂れるしね。
またサラダ丼は度々登場しそう。
その時は「この人、忙しいのね」もしくは「ネタ切れか、可哀想」と思っていて下さい(笑)。

は~、仕事しよ。


ありがとうございました^^

今週いっぱい、いや、来週にずれ込むかな…でちょっとバタバタ。
みなさんのところにも余裕がある時に伺わせて下さい^^

ブラックペパーたっぷりハニーチキンサンド

たっぷりと寝た日(いや、大抵いつもたっぷり寝てるんだけど)、起きたら無性にお腹が空いていて。
でも気分はごはんでもなく(冷凍してあるからすぐ食べられるのに)、パスタでもなく(すぐ作れるのに)、どうしてもパンだった。
でもガッツリ食べたくて。
やたらと時間がかかってしまって、食べる頃には体力が奪われてグッタリ。

ブラックペパーたっぷりハニーチキンサンド

IMG_7951.jpg

作り方を書く迄もないのだけど。

鶏もも肉に塩コショウし、皮目からしっかりと焼いて行きます。
火が通りにくいので、白ワインをし、蒸し焼きにします。
お醤油、はつみつを加えて、更にコショウをガリガリ挽いて煮詰めて出来上がり。

そして、私は普通の照り焼きチキンだろうが、ハニーマスタードチキンだろうが、上にゆで卵をマヨと塩とペパーで和えた物をトッピングするのが好きで。
何故だか何故だかこの組み合わせが好き。

IMG_7952.jpg

ブラックペパーがしっかりときいていてとても美味しいのだけど、鶏肉の解凍やら、ゆで卵を作る事やら、なんだかお腹がすいて倒れそうだというのに、えらく時間がかかってしまった様な気がする。
それでも、食べたい物が食べられたのだから良いのだけだけれど、この手のサンドイッチは毎度毎度手が汚れてかなわない。
口の周りも汚れるし、下手すると服も汚れる(子供か・笑)。
でも、なんで私はいつも自分の口の高さの限界を超えるサンドイッチを作っちゃうんだろう…。


ありがとうございました^^

マシュマロでたんかん入りふわふわムース

お家にあるもの(正しくは買ったのを忘れたもの。でも大丈夫。賞味期限内)、モニター商品、そして有り難い頂き物がデザートになりました。
お菓子をちゃんと作る人からしたら話にならないようなお菓子をたまに作りますが(これもそうかもしれないけど)、これ、めちゃくちゃ簡単で美味しかったので載せます。

マシュマロでたんかん入りふわふわムース

IMG_7953.jpg

〈材料〉容器2個分
マシュマロ    50g
牛乳       150cc
生クリーム    50cc
たんかん     中くらいの大きさ1個
レモンひとふり  適量

〈作り方〉
1.マシュマロは簡単に洗って周りの粉を落とし、ちぎっておく(その方が早く溶けるから)。

2.火にかけか牛乳にマシュマロを入れ、溶かして行きます。溶けたら火を止め、実だけとりだしたたんかんを加えます。

3.生クリームは軽くホイップし(軽く空気を含ませる程度)、粗熱がとれた(2)に入れ、レモンひとふりを加えて容器に入れ、冷やして出来上がり。

とにかく簡単。言わなきゃマシュマロで作ったなんて絶対気づかない。

IMG_7958.jpg

このたんかんはにこにこ島暮らし~料理とオヤツと育児~のminori-mamaさんが送ってくれたもの。
普通にもいただいたんだけど、何かお菓子にも使えないかなぁと思って^^

全部今回のは実験的に適当なんです。
マシュマロもね、どれくらいの牛乳と合わせればいいのか、甘みはどれくらいだろう?冷やした時にどれだけ固まるのか、全くわからないまま実験的に作りました。
マシュマロの甘さに酸味を加えたいと思ってレモンひとふり。
これは私は結構な量を入れました。ひとふりどころではなく(笑)。
味見しながら決めて行きましたが、お好みだと思います。

マシュマロは甘いんだなぁという感想。
でも、ここに液体のレモン果汁を入れると緩くなり過ぎるし、固めるのにマシュマロを増やすと甘みも増すし、と考えるとこのレモンひとふりはとてもいい。
水分は増えずに酸味だけを楽しむ事が出来ます。

「ポッカレモン100」「レモンひとふり」レシピモニター参加中


ありがとうございました^^

IMG_7969.jpg
たんかんの甘み、レモンひとふりの酸味、マシュマロと牛乳、生クリームのバランス。
全て上手く行きました(ビギナーズラックとも言う)。

ふわふわ、とろとろです。(クリックで拡大)。
ものすごく簡単なのにとても美味しい。おススメです。

あ、たんかんが見えないけれど、ちゃんと中に入っております~。
みのりちゃん、ありがとう。ご馳走様でした^^

ボイルイカのレモンマスタードマヨ和え

ボイルイカが安かったので買ってみた。
これ柔らかくって好き^^

ボイルイカのレモンマスタードマヨ和え

IMG_7929.jpg

いやぁ、何の捻りもないただの飲みの為の一品なんですけど^^;

スライスして塩揉みして水洗いした玉葱、パプリカ、サラダ菜、イカをマヨ、粒マスタード、ポッカレモン100を1:1:1:で合わせた物を加えて和え、塩コショウで味を整えて出来上がり。
お好みでハーブを加えると美味しいです(私はすっかり忘れた)。

このボイルイカ、わりと実家ではよく食卓にのぼっていたような気がする。
うちは父が飲ん兵衛だから、お酒のつまみとしてこれを普通に生姜醤油で食べてたな。
私はこれを七味マヨネーズに醤油を垂らしたものをつけて食べるのが好きで。普通にごはんのおかずにしてた。
今考えると不自然だ。
これはごはんのおかずではない。特にこんな味付けになってしまうと絶対違う(笑)。

「ポッカレモン100」「レモンひとふり」レシピモニター参加中


ありがとうございました^^

果たしてどれだけ…?豚バラと蓮根の大葉味噌炒め

大葉味噌は果たしてどれだけ保つのだろう?

大葉は夏の方が安いから、というか冬場は高いから夏場に沢山仕込んで冷凍してけばいいんだ、と思った。
味噌は凍らないから冷凍庫で保存でちょうどいい、と。
なので仕込んで瓶にいっぱい詰めた。
そして私は気がついた。

瓶に入れたら冷凍出来ないではないか…。

ものぐさな私はそのまま冷蔵庫に入れて放っておいた。

豚バラと蓮根の大葉味噌炒め

IMG_7944.jpg

〈作り方〉
豚バラスライスを適当な大きさにカットし、カリカリになるまで焼く。
そこにスライスした蓮根を加え、炒める。大葉味噌を酒で溶きながら絡め、最後にみりんを加えて出来上がり。

多分、この大葉味噌は仕込んでから半年くらいは経っているのだと思う。
私はこの味が妙に気に入っているので何かとこれで味付けをしている。
でも一向に変な匂いもしなければ、カビてくる気配もない。水も出てこないし、普通に味噌やコチュジャンの様に使っている。
確かに私は水分を大分飛ばして練り上げて作っているけれど、冷蔵庫でも保つのか?
ちなみにもちろんお腹も痛くならない。
そしてやはり美味しい。

IMG_7943.jpg

ネットで大葉味噌の日保ちの期間を調べても答えは出てこない。
どんだけ保つんだ?
それとも私が鉄の胃の持ち主なのか?

それにしても大葉味噌は美味しい。
大葉味噌味だけで生きて行けるかもしれない(笑)。


ありがとうございました^^

豚バラとチンゲン菜花の辣油レモンパスタ

先日スーパーで青梗菜の菜花を見つけました。
うちの前のスーパーでは珍しい食材が安いんですよ。
あまり普段見かけない食材と言うのはみんな中々手にしないのかもしれない。
だから試験値段っぽのかな?
これも一束68円だったので購入。

軽く茹でてみるとやはりお味は青梗菜。では、ちょっと中華っぽくパスタに。

豚バラとチンゲン菜花の辣油レモンパスタ

IMG_7883.jpg

〈材料〉分量記載なし(いつもの事)
豚バラスライス、チンゲン菜花、塩、コショウ、辣油、にんにく、生姜、ポッカレモン100、パプリカ(彩り用)

1.豚バラスライスに塩コショウし、表面がカリカリになる迄焼いて行く。

2.一度豚バラを取り出し、辣油にみじん切りのにんにく&生姜を加え香りだししつつ、菜花とパプリカを炒める。

3.パスタと茹で汁を加え、豚バラを戻す。

4.ポッカレモン100を加え、塩コショウで味を整えて出来上がり。

IMG_7880.jpg

菜の花の菜花とは少し違ってやはり中華っぽい感じの菜花です。
というか味は青梗菜。
でも普通の青梗菜より柔らかい。
辣油とレモンの相性がよくピリ辛の酸味が美味しい。

今回はまぁりさんにいただいたペンギン食堂のラー油を使わせてもらいました。
このラー油は普通の辣油ほど辛くないので、少し普通の辣油もプラス。
逆に普通の辣油を使う場合は少しごま油を加えて作ると辛みが緩和すると思います。
ま、私は辛いのも酸っぱいのも激しく好きなので大丈夫なんですけどね~(笑)。

「ポッカレモン100」「レモンひとふり」レシピモニター参加中


ありがとうございました^^

角煮とおばんざい

久々に角煮を仕込んだので、ちょこちょこと盛ってみました。

IMG_7822.jpg

角煮は国産の豚バラブロックが安い時に買って作り置きをしておきますが、冷凍庫のストックがなくなったところだったのでちょうど良かった。
だけどふらっと立ち寄ったスーパーで見つける事が多く、何故だか散歩ウォーキングの帰りだったりする事が多いので、手持ちがない時に買うはめになり(ウォーキングの時は必要最低限のお金しか持ち歩かないので・笑)。
帰り道は大抵『貧乏』です(笑)。
後は持ち合わせがなくて思ったより買えない、とか。

IMG_7827.jpg

私の角煮はスパイスも使わないし、とてもとてもシンプルな物。
あれこれ色んな物を普段は入れたがる割に、これはすごくシンプルな作り方をしています。
だけど角煮に関してはこれがいいかなぁ、と思っています。

この日のごはん
角煮
★イカとブロッコリーの炒め物
★大葉とカニかまの卵焼き
★切り干し大根と油揚げの炊いた物


ありがとうございました^^

レモン入り黒糖生姜シロップでスパイシージンジャーエール

レシピブログさんのモニターでポッカレモン100とレモンひとふりをいただきました。
レモン果汁はいつもこれ使ってるから常備してるんだけど、使う頻度が高いので嬉しいわ~♪

IMG_7895.jpg

最近、黒糖生姜シロップをレモン果汁入りで作ってみたので、それをジンジャーエールに。

レモン入り黒糖生姜シロップでスパイシージンジャーエール

IMG_7902.jpg

まずは黒糖生姜シロップの作り方から

〈材料〉
生姜        200g
黒糖        200g
シナモン      小1
カルダモン     小1
クローブ      3粒
水         200cc~
ポッカレモン100  25cc

〈作り方〉
1.生姜はよく洗い、皮ごとすりおろす(皮が気になる人は剥いちゃって下さい)

2.全ての材料を鍋に入れ、20~30分煮て出来上がり

お水の量は煮詰まりそうな場合は足して下さい。

実はこれ、生姜紅茶用に作ったんですが、ジンジャーエールにもしてみたかったので、あまり煮詰めませんでした。
(煮詰め過ぎると炭酸で割った時に溶けないので)
生姜シロップは黒糖と生姜でシンプルに煮ればいいのだけど、ちょっとスパイスをきかせたり、レモンを加えるととても美味しくなります。

IMG_7908.jpg

ジンジャーエールとして飲む際にはシロップを漉して、炭酸で割り、更にポッカレモンを加えます。
黒糖のコクと生姜の辛み、スパイスの風味にレモンの酸味。
凄く美味しいなぁと思いました(辛いのがダメでスパイシーなのがダメな人はどうだかわかりませんが…)。
ウィルキンソンの辛い方が好きな人は好きなんじゃないかな^^

IMG_7916.jpg

で、ブランチに一緒にペッパーポークとカマンベールで簡単にカスクルートを作ったのですが、酸味のあるもの好きでね~。
「レモンひとふり」をかけていただきました。
これもいいですね~♪
サラダなら果汁もいいけれど、こうやってパンと一緒に食べたい場合、酸味は欲しくても水分が邪魔な場合もあるので、使い勝手が良さそうだなぁと思いました。

「ポッカレモン100」「レモンひとふり」レシピモニター参加中


ありがとうございました^^

とり天

大分にはとり天というものがある、というのは大分の知人から聞いていたのだけど、まぁ、普通に天ぷらよね、と思っていた。
いつか大分行ったら食べたいなぁとか、いつか作るかなぁ、なんて感じで。

とり天

IMG_7850.jpg

テレビを見ていたらAKB48の卒業生だという子が(名前知らない)大分の出身でとり天が美味しいのだと言っていた。
ぽん酢と辛子で食べるんですー、それがおいしいんですーって。
とり天、うん、それは普通に美味しいんだろうなぁと思ってたけど、ぽん酢と辛子かー、そりゃー美味しそう~と思って作ってみる事に。

胸肉をにんにくを醤油、かぼすこしょう、お酒に少々つけていざ、天ぷらへ!
あ、そうだ!うち薄力粉ないじゃん!(この記事参照⇒)
…と思ったら「天ぷら粉」発見。大葉を混ぜて揚げました。

IMG_7851.jpg

ぽん酢と辛子につけていただきます。
うっまーい♪
胸肉の柔らかさとさくさくの衣が美味しい。
やっぱりいつか本場のとり天食べたいな~。

あ、覚え書きとして書いておこう…。
辛子とぽん酢で食べるので下味をつける際、あまりつけ込まない方がよろしい…。
ちと味が濃い。


ありがとうございました^^

角煮カレーうどん

国産の豚バラブロックが安かったので久々に角煮を仕込みました。
その際に、ふと違う味つけて煮てみようかなと思い、下処理(葱と生姜と煮た後)した物を取り出し、別鍋で煮てみる事にしました。

角煮カレーうどん

IMG_7858.jpg

かつお出汁とカレールゥでひたすらコトコト煮て行きます。
何度かお水を足しながら。
ルゥが入っているので焦げやすいので時々お鍋を見ながら。

一時間くらい煮たかな。

その頃には水分も大分煮詰まり、とろみも出てきます。
角煮を取り出して、更にお水を加え、茹でたうどん、お好みの具(これは油揚げ&しいたけ)を加えます。
で、お醤油で味を整えて。
カットした角煮と小松菜をのせてみた。

IMG_7863.jpg

大分暖かくなって来たけれどね。ちょっとこんな風に額に汗をかくような物も身体が温まっていいなぁと思う。

なんか…すみません。
レシピもまともに書かないブログで。しかもただのカレーうどんだし。
アタシの食の日常を書いてるだけでレシピブログに参加なんてしていいんだろうか。
最近疑問…。といいつつ貼っていますが。


ありがとうございました^^

常備オイル&ペーストでマリネ色々

最近、白ワインのアテにはお刺身をマリネにしていただく事が多い。
週末の仕事は朝家を出たら夕方には戻れるけれど、その間何も口にしていないので、さっと作れる物がいい。
そういう時お刺身が大活躍。

まぐろとアボカドのバルサミコマリネ

IMG_7740.jpg

夕売りでなんと198円でまぐろの赤身が売られていた。
キレイな切り身と切り落としの様な部分があったのだけど、迷わず切り落としを。

アボカドとまぐろを茄子ときのこのコンフィのオイル、塩、バルサミコ、お醤油、ブラックペパーで和えたもの。

シーフードと大葉ペーストのレモンマリネ

IMG_7855.jpg

いか、サーモン、あとこれはハマチかな、かんぱちかな…。とにかく刺身の盛り合わせ。
これに大葉ペーストと塩、ブラックペパー、レモンを絞って和えたもの。あ、残り物のパプリカも入れたんだった。

どちらも簡単。
常備オイルやペーストがあるとあっという間につまみが一品完成。
すぐ飲めるのでとても嬉しい(笑)。


ありがとうございました^^

きのこの和風(言い訳満載)クリームパスタ

たまに「今、冷蔵庫に食材がない」なんて書く事があるけれど、今迄のはそんなに大した事じゃないっていうのがわかった。
今、うちの冷蔵庫には何やら色んな物が沢山入ってる。
開けると何やらいっぱい詰まっている。
だから私は食材がたーくさん入っていると思っていたのよ…。

きのこの和風クリームパスタ

IMG_7843.jpg

さぁ、何か作ろうと野菜室を開けてみた。
ビックリした。
何もないんだけど。
かすかすになった長葱が発見されたのが唯一の野菜。

どうすりゃいいんだ…。野菜がない。

妹にもらった「きのこの缶詰」がある事を思い出し、パスタにする事にしてみる。

茄子ときのこのコンフィのオイルできのこを炒めて、塩、顆粒出汁を加え、パスタ、茹で汁を加える。
開封して放置されていた生クリームを少し加え、お醤油で味を整えて出来上がり。
刻んでタッパーに入れてあった小葱を散らします。

IMG_7833.jpg

きっと「この赤いのはなんだろう?」と思う人がいそう…。
これはですね、これまた開封して放置されていたトマト缶です。
トマト缶も和風パスタにすると美味しいので適当に入れてみたんですけど、なんか入れない方がいいみたいですよ(←他人事)。害はないけど、入れたからって特に美味しいわけでもなかった。
そして生クリームも一応入れたのに、残り物だった為に全然クリームが入っている様に見えないって言うのもすごい。でも、食べるとクリームの味はしたんですよ(笑)。

それにしてもビックリした。本当に何もなかった。
じゃあなんでこんなに冷蔵庫がいっぱいなのか。
ほぼ調味料&酒でした、あは^^;

ちなみにきのこの缶詰(ドライパック)、これすっごくイイ。
コストコに売ってるらしいです。


ありがとうございました^^

コンフィとフジッリとトマトとチーズの重ね焼き

ここ数日の鮮明な記憶は木曜日の記憶で、昨日迄の三日間はなんだかあれやこれやと目まぐるしく。
あれ~?何してたっけ?って感じで(笑)。
お家仕事をしたり、外に仕事に出たり、勉強したりであっと言う間。
ごはんもてきとー。ヒサビサニカップヌードルタベテミタヨ。
…という感じで。今日はちょっと前の忙しい朝に食べた物を。

コンフィとフジッリとトマトとチーズの重ね焼き

IMG_7752.jpg

あぁ、また今日も何の捻りもないタイトルで…。
タイトルのまんまです。
茄子ときのこのコンフィとフジッリ(米粉)、トマト(水煮缶)とチーズ(ビザ用)を3回重ねてオーブンに突っ込んだだけです。
コンフィは一応油切りしてあります。

IMG_7759.jpg

コンフィの旨味とチーズの塩分があるので何の味付けもいらず。
間違いのない組み合わせなのでした。


ありがとうございました^^
今日も朝からバタバタ…。
お返事が出来ないままでごめんなさい。
帰って来てからゆっくりお返事させて下さい。

Wマスタードとコンフィチュールのグリルチキン

これまた白ワインのアテに作りました。
チキンのオーブン焼きなので本来はごはんにも良いのだろうけど、これはワインと一緒に食べる為の味付けにしてあります^^

Wマスタードとコンフィチュールのグリルチキン

IMG_7816.jpg

〈材料〉
鶏もも肉           1枚
塩              適量
ブラックペパー        適量
粒マスタード         大1/2
ディジョンマスタード     大1
にんにく           ひとかけ(すりおろし)
白ワイン           50cc
たんかんのコンフィチュール  小1弱
醤油             少々

ローズマリー         ベランダから適量

〈作り方〉
1.鶏もも肉にフォークで穴をあけ、塩、胡椒をしっかりします。

2.鶏もも肉がちょうどおさまるくらいのタッパーに粒マスタード~醤油迄を入れ、もも肉を入れ冷蔵庫で一晩漬け込みます。

3.バッドにキッチンペーパーを敷き、チキンとローズマリーをのせ、190℃のオーブンで20分焼いて出来上がり。 

*たんかんのコンフィチュールはマーマレードで代用可。
*焼き時間はオーブンの様子を見て調節して下さい。

IMG_7812.jpg

マスタードチキンにははちみつをプラスすると美味しいのだけれど、入れる量を誤るとこれまた甘すぎてチキンの味を台無しにします(笑)。
なので同様にコンフィチュールも入れすぎない事がポイント。
チキンには塩をしっかりし、コンフィチュールは少なめ、が美味しさのポイント^^
ワインのアテにはとても美味しかった。
でもごはんは無理ね、コレ(笑)。


ありがとうございました^^

エシレ

エシレのバターと焼き菓子をいただいたのでちょっと記録。

エシレと言えば、発酵バターを使ったクロワッサンが有名。
行列をなしていると以前は聞いたけど、今でもそうなのかな。
流石に朝10時にクロワッサンの為に並ぶ元気はないのでまだ口にした事はない。

有塩と無塩の発酵バターをいただいた。

IMG_7328.jpg

テーブルサイズの小さい物ですが、ポプラの木のバスケットに入っていて可愛い。
お料理とかお菓子に…といただいたんだけど、さすがにお菓子には量が足りなくて(笑)。
パンにつけていただくというオーソドックスな方法でいただいたんだけど。

発酵バターって柔らかいのね。
冷蔵庫で冷やしているにもかかわらず、バターナイフで簡単にすくえる柔らかさ。
風味も美味しい。

そして焼き菓子(マドレーヌとフィナンシェ)もいただいた。

IMG_7322.jpg

正直に書いてしまうと、ちょっと残念。
バターはとってもいいものなのに、なんか勿体ない…って感じ。
他の材料とのバランスかなぁ…。
お値段を考えると、うーん…。自分ではリピしないかな。
でも、エシレの焼き菓子を食べられたのはいい経験だと思う^^

最近、頂き物が多く、ほんと有り難い日々。
人との関係に色々考える今日この頃。


ありがとうございました^^

HOTポットサラダ

元々ワインは白も赤もどちらも飲むのだけれど、自分では断然赤が好きなのだと思っていた。
何しろチーズが大好きなものだから、チーズと赤ワインの組み合わせを好んでいたのだけど。
ここのところ、白ワインが好き。
白ワインにあう物が作りたいし、なんだか飲んだ後も白の方が身体も楽なので白を好んでいる。
どうも白の方が合う料理も多い様な気がするんだなー。

サラダなども白ワインと相性ヨシ♪

HOTポットサラダ

IMG_7785.jpg

冷蔵庫にあった野菜を先日作った茄子ときのこのコンフィのオイルでソテーしただけなのだけど。

今日、使った材料は…。

ホワイトアスパラ、スナップエンドウ、ブロッコリー、ベーコン、アンチョビペースト、玉子。

コンフィのオイルに火を入れながら、ベーコンを加えカリカリに。
そこにアンチョビペーストを入れ、火を入れて行きます。
皮を剥いたホワイトアスパラを加え、焼き目をつけていきます。
そこにブロッコリー(茹でたもの)、スナップエンドウ(茹でたもの)を加え、塩コショウし、少量の白ワインを加え蓋をして一分。
上にポーチドエッグをのせて出来上がり。

IMG_7787.jpg

ワインと一緒だと、ちょこちょこ食べる感じになるので、こういう温かいサラダは冷めがち。
でも、ちょっと深めの器に盛る事で、温かさも持続しやすい。

それから、ホワイトアスパラなんですが。
今回はソテーしてみたんですけど、私はこちらの方が好み。
茹でるのとはまた食感が違って美味しい。
今年は手に入りやすい感じなので、時期を逃さずに食べたいと思います。
あー、白ワインが美味しいー。


ありがとうございました^^

ちょこちょこ和食

ぶちうまいシリーズを使ったちょこちょこ和食です。
色々冷蔵庫に残っている物があったので、ちょこちょこ作ってみました^^

ちょこちょこ和食

IMG_7769.jpg

まずは、コチラ。
これは、大根の梅煮。
通常は普通の大根を使います。今回はお刺身についていた妻をつかいました。
おぉ、初めて知った。刺身のつまって「妻」って書くのか!(どうでもいい・笑)

IMG_7780.jpg

ふぐだしと梅干しを一緒にお水で煮るだけです。
普段は適当な大きさに切った大根を鰹出汁で煮て、お醤油をちょこっと入れますが、今回はふぐだしと梅干しのみ。
妻を使った事により、歯ごたえが残りました。
あ、妻を使う場合はよーく洗って下さいね。
私はよく洗った物を一晩浄水にさらしました。元気にシャキシャキです。
大根も切り方によって歯ごたえが大分違うなぁ。
梅の酸味とお出汁が美味しいです。

そしてお次ぎはいりこつゆと使った
まぐろとアボカドのわさび醤油漬け

IMG_7777.jpg

いりこつゆとわさびで和えて、少量のごま油を加えてコクをだしました。
このいりこつゆはほんと甘みが美味しくて漬けにするにも使えます。
私はこのいりこつゆ、とっても気に入りました^^
カロリーを考えたらごま油を入れない方が賢明ですが、ほんと、ちょろっと落としただけでここまでコクが出るとは。
ごはんのおかずにはたまりません。

IMG_7781.jpg

モニターは今日迄だけど、他にも色々つくってみたい料理があるのでまた使って行きたいと思います。
ご馳走様でした^^

ちなみに手前に見えるとってもキレイな卵焼きは当然私が焼いた物ではなく…。
テリー伊藤の実家の卵焼きです(笑)。

「ぶちうまい」ふぐだしレシピモニター参加中!


ありがとうございました^^

IMG_7771.jpg
ちなみに、先日作った大葉ペースト。
これ、奴にかけてちょっと塩をパラパラっとして食べても美味しい。
これに少量のレモンをかければ、ワインのアテにも良さそう^^

茄子ときのこのオイルパスタ

先日の茄子ときのこのコンフィは誰もが想像したであろうパスタになりました(笑)。

茄子ときのこのオイルパスタ

IMG_7733.jpg

先日のコンフィに海老を加えてパスタにしただけ。
コンフィという言葉ではなく「オイルパスタ」という言葉がピッタリのパスタ(笑)。
塩コショウと白ワインをちょっとプラスしただけで簡単に出来上がってしまったパスタ。

外のパスタと自分の普段作っているパスタ。
使っているオイルの量が全然違う。
普段からオイルの量には気を配っているつもりなので、私は若干少なめだと思う。
でも、外で食べるパスタは食べ終わったお皿にたっぷりのオイルが残っている。
それにパンをつけて食べたりする。
作っているのを目の当たりにしたらクラクラしちゃうオイルの量なんだろうなぁと思う。

IMG_7731.jpg

素材にオイルがたっぷりと染み込んでいるため、まるで外で食べるパスタの様なオイルの具合。
パン出してこようかと思ったもの(笑)。
オイルって美味しいんだなぁ、としみじみ感じたものの、やっぱり自分で作るとなるともっと減らしたいなぁと思ったり。
とても美味しいのだけど、とても複雑な心境のパスタなのでした(笑)。

それにしても茄子の色が地味だわね。
コンフィは前もって作っておけるからいいけれど、色目だけ考えたら、当日素揚げした方がキレイだね。


ありがとうございました^^

4th-market & Allegry Home Tools

私は元々は食器へのこだわりはほとんどなく。
100円で買える食器で済ませたり、IKEAのお安い食器を使っていたりした。

お皿に興味を持ち出したのはタイの青白陶磁器で、後にバリに旅行した際にジェンガラのお皿を大量の手荷物として持って帰って来たくらい。
後はほんと安いお皿で食器棚は構成されている。

ところがある時、魅了されてしまったのがコチラ。

IMG_7709.jpgIMG_7707.jpg
IMG_7703.jpgIMG_7719.jpg

4th-marketというところの器たち。
4th-market=四日市、に気づいたのはごく最近なんだけど(笑)。

右上の黒い手付きの器をある時、たまたま入ったお店でひと目惚れして購入。直火でも使えるし勝手がいいのでもう1枚買っておけば良かったなぁと思った頃にはもうなかった。でも買ったときは4th-marketの商品だって知らなかったのだけど。
その後、雑誌で見かけた器が気になって連絡先を控えて初めて4th-marketという名前を知る。
家で検索してみると、最初に買った器と同じ物がHPに載ってる。
急いでその器をひっくり返してみると4th-marketの刻印が!

もうこういうのって多分自分のツボにピッタリハマっているのだろうと思う。
数ある食器メーカーの中から、気に入った二つは同じところの物だったのだから。

欲しかった器や、セットで揃えたい物を買い足したり。ちょっとした大人買いをしてみた。
最近、土の暖かみを感じる器にとてもひかれる。
何をつくろう?
好きな器を手に入れただけで大分テンション上がります(笑)。

4th-market(HPはコチラ⇒
〒 512-0902 三重県四日市市小杉町東川原428-1 ヤマダビル2F
tel : 059.330.5166
fax : 059.330.5167
mail : info@4th-market.com


ありがとうございました^^

実はこの器たち、どうやって購入しようか迷っていた。
最初に購入した店に何度か足を運んでみて、4th-marketの器の取り扱いについて聞いた見た。
季節物の商品が本部から入って来るだけで、春や夏になればまたどこの商品が入ってくるかはわからないし、今後どれだけ取り扱うか全くメドがついていない、という。

HPから購入するかな…、だって四日市迄行けないし(笑)。
でも、やっぱり現物を見たい!その葛藤を二ヶ月くらい繰り返し。
代官山に置いてある店舗がある事を見つけ、行ってきました。

代官山にあるAllegry Home Toolsというお店。

IMG_7695.jpgIMG_7687.jpg
IMG_7694.jpgIMG_7696.jpg

このお店がこれまたツボで(笑)。
私的にかなり好き。


IMG_7685.jpg
食器だけでなく、タオル類や小物も充実。

IMG_7689.jpg
このマグネットもとても可愛い。

他にも和食器も充実。
他にも色々買いたい物があったのだけど、また買いに来たいな、と思ったので欲張らず今回は見送った商品もいくつかあり。
お値段もリーズナブルな物が結構あるし、センスのいいお店だなぁと。
またふらっと寄りたいと思います^^

Allegory Home Tools(HPはコチラ⇒
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-32-29-102
TEL:03-3496-1516
FAX:03-3496-1517
OPEN 12:00 - 20:00(水曜定休)

初物

昔は大っきらいだったけれど、ここ数年好きになったもの。
それはホワイトアスパラ。

三年くらい前に北海道の物産館で買った。とても高かった。
去年、母の知人が北海道から送ってくれた。とても立派で、とても美味しかった。
こればっかりはそれなりのお値段を出さなくては手に入らないし、手に入る場所も限られているようだ。

…と思ったら。

こぶりな物ではあるけれど、なんと一昨日、一束99円で売られていた。
昨日は昨日でまた別のスーパーでも99円で売られていた。
もしかすると今年は手に入りやすいのかな?

ホワイトアスパラのポーチドエッグ乗せ

IMG_7743.jpg

ホワイトアスパラと言うとオランデーズソースが有名だけれど、バターを使って迄作りたくないので…。

ポーチドエッグをのせてシンプルにいただいてみました。

ホワイトアスパラはピーラーで皮を剥く。
皮をお湯に入れ、そこにアスパラを入れ塩ゆでする(皮も一緒に茹でる事により、香りが楽しめる様です)。
別にポーチドエッグを作り、茹で上がったアスパラに乗せ、塩、胡椒をガリガリして一緒にいただきます。

IMG_7748.jpg

旬の物って美味しい。

昨日は珍しく家で勉強などしてみた。
色んな知識を入れておかないと仕事に支障をきたすなぁと。
それにしても、最近はインターネットで調べられる物事の多い事。
昔は専門書を買わなくてはわからなかったのに…。
有り難い事に思ったよりも短時間で調べ物は終わり、とっとと飲みに突入。
ワイン片手に美味しい初物でした^^


ありがとうございました^^

大葉ペーストdeホットポテトサラダ

先日作った大葉ペースト
パスタに使ったり、ピザに使ったりと結構活躍してくれて、あっという間になくなり、再度仕込みました。
ポテトサラダに使ってみます。

大葉ペーストdeホットポテトサラダ

IMG_7682.jpg

茹でたじゃがいもに、大葉ペーストとカリカリに焼いたベーコンを加え、塩とブラックペパーで味を整えて出来上がり。
これは通常のポテトサラダの様に冷やさず、熱々をいただきたいなぁと思って作りました。
本当はごろごろ形があるポテトサラダにしたかったんだけど、ぼけ~っとしてたら結構火が入っちゃって^^;
お湯を捨てて、粉ふき状態にしようと鍋を振ったら勝手にマッシュになった…。
ま、そんなちょっと予想外のポテトサラダですが美味しいのでヨシとします。


ありがとうございました^^

茄子ときのこのコンフィ

茄子が二本ほど余っていて。
どうしたらいいのだろう…としばし途方にくれた。
あぁ、今日もお夕飯家で食べないし、明日も食べないし。
この調子では中にぶつぶつが出来てしまう…。
保存食を作ります。

茄子ときのこのコンフィ

IMG_7669.jpg

以前「さときっちん」のさとみさんきのこのオイルコンフィを作っていて、この茄子もコンフィにすれば保存出来るかなぁ…と思って。

〈材料〉家にあるものを使っただけです

長茄子          2本(乱切り)
しめじ          1/2(これしか残ってなかった)
ドライトマト       大きめ3個(お湯で戻して細切り)
にんにく         2かけ(みじん切り) 
グレープシードオイル   400~500cc(オリーブオイルがあまり量がなかった)
オレガノ         適量(結構たっぷり)
塩            適量
輪切り唐辛子       適当

〈作り方〉
1.茄子、しめじ、ドライトマトを鍋に入れ、ひたひたのオイルを入れゆっくりと火にかけます。

2.茄子に火が通ったら、オレガノ、輪切り唐辛子を入れ、塩で味を整えて出来上がり。

IMG_7676.jpg

ハーブ類は何を入れてみようかな、と思いましたが、ドライトマトを入れたのでオレガノを。
オイルに旨味が染み込んで、美味しいったらありゃしない。
保存食を作るはずが、粗熱がとれてちょっと口にしてみたら、美味しくてパンを出してくる始末。
カロリーは高い(笑)。

いつも記事のタイトルを考える時、私は捻りがなくて料理名が多いのだけれど、それでもその料理名で悩む事がある。
コンフィとはフランス語で脂で煮る、とかオイル煮という意味だし、スペイン語のアヒージョもこれまたガーリックオイルで煮る、というもの。
結局のところこれはどっちなのかな?なんて思う。
でも、例えばジャムとコンフィチュール。マシュマロとギモーヴ。
どちらも同じ物だけれど(厳密に言えば違うのかもしれないけれど)どちらの言葉を選ぶかでこれまた印象が違う様な気がする。
今回もう~ん…と少々迷ったけれど、コンフィとなった。
なんかフランス語って凄いよな、と思う(笑)。


ありがとうございました^^

野菜と鶏団子の揚げみぞれ煮浸しと…。

モニター料理第二弾です。
ちょうどこんな物を作りたいなぁ、と思っていたところにある事が重なったので…。

野菜と鶏団子の揚げみぞれ煮浸し

IMG_7625.jpg

〈材料〉2人前
茄子       1本(乱切り)
蓮根       150g(乱切り)  
鶏団子      6個(作り置きしてある物を使いました)
油        適量
大根       1/4本(すりおろす)
ふぐの白だし   大1
いりこつゆ    大1
水        300cc

〈作り方〉
1.茄子、蓮根、鶏団子を素揚げする。

2.お水にふぐの白だし、いりこつゆを入れ、煮立ったら素揚げした野菜と鶏団子を入れる。

3.味が回ったら、大根を入れ、一煮立ちさせて出来上がり。

IMG_7626.jpg

今回はいりこだしと白だし両方一緒に使ってみました。美味しい^^

今回の大根おろしは「鬼おろし」を使ってすりました。
鬼おろしは通常の大根おろしと違って食感がそのまま楽しめます。
普通のみぞれ煮より水分が少なく、しゃくしゃくとした大根そのままの味わいが美味しい。

普通の大根おろしでやる場合は、水分が多くなると思うのでお水の量を少し減らすか、だしを少し多めに加えて下さい。

「ぶちうまい」ふぐだしレシピモニター参加中!


ありがとうございました^^

で、なぜ家に鬼おろしがあるのかっていうと…。

先日、「まぁりのひとり気ままcafe」のまぁりさんにお会いしました。

大阪にお住まいのまぁりさん。
先月、お仕事の都合で一ヶ月近く東京に滞在されてました。
ある日の深夜、カギコメをいただいて…。
「ある物」を良かったらいかがですか?送ります、と。

まぁりさんの東京滞在中の日記の出没先が私の職場近くだったりもしたので、それならば私はお会いしたいなぁ。
せっかく東京にいるんだもの、私はまぁりさんがどんな方かお顔を見てお話ししたいなぁ、と思って。
するともう翌々日には大阪に帰るっていうじゃないの(笑)。
何故、一ヶ月も東京にいたのに帰る間際に連絡してくるんだっての(笑)。

ところがまぁりさん。
とても簡潔に残り一日半の予定をお知らせ下さった。
すると大阪に帰る日、ポコッとあいたその時間に私の住む街迄来て下さる事に。
メールをいただいてから、半日も経たない間にお会いする時間と場所がパッと決まりました。凄い^^

IMG_7622.jpg

で、この鬼おろしをお土産に下さった。
鬼おろしですった大根を食べて衝撃を受けたから良かったら使ってみて下さいって。
そして「火曜日はパスタの女」の私に、パスタ用のトングも一緒にプレゼントして下さった。
いつもちゃんと読んでくれてるんだ、って嬉しかった^^

私はこの日は仕事がお休みで、しかも確定申告をやる日にあてていたから、都内には出られなかった。
まぁりさんは私に会う前、お友達との約束で私の住む街の方へ来ていた。
お会いした場所からは羽田迄のリムジンが出ていた。
なんだか色んな事が重なって、本当にあっという間に決まった逢瀬でした(笑)。

「くらんさんだったらどんなお料理に使ってくれるかな、と思って」とそれをくださると言ったまぁりさん。
そんなまぁりさんがどんな人なのか、やっぱりお会いして良かったよ。
二時間ほどの短いお茶タイムだったけれど、やっぱりお会い出来て嬉しかったです。
どうもありがとう^^

で、まぁりさんが「使ってみて下さい」と下さった物は…。



+ Read More

紅茶のミルクペースト

私は何か一つやりだすととってもしつこいのです。
たんかんでコンフィチュールを作ったら、すぐその場からまた同じ様な物を作ろうと思ってしまいます。
せっかく重い腰を上げたのだからこのまま座ってしまったらもう腰が上がらない。
上がっているうちにやってしまおう、というものぐさな女。

紅茶のミルクペースト

IMG_7568.jpg

ミルク系のジャムが作りたかった。
しかも紅茶味で。
なので作ってみました。

〈材料〉
アールグレイ    大2
牛乳        200cc
生クリーム     200cc
コンデンスミルク  大3~4

★ちなみに今回は牛乳、生クリーム共に低脂肪の物を使っています。

〈作り方〉
1.牛乳とアールグレイを一緒に鍋に入れ、弱火で煮出し、濾す。

2.(1)と生クリーム、コンデンスミルクを鍋に入れ、弱火で煮詰める。
(この時、鍋から離れず、常に混ぜていて下さい)。

3.ヘラで混ぜて、鍋底が見えるくらいになったら出来上がり。

するとこんな感じのミルククリームになります。

IMG_7578.jpg

ところが私には物足りなかった…。
とっても柔らかい味で、クリームと呼ぶにふさわしい。
だが、私はパンチを求める女。
なんか子供だましの様な気がする…。
(因にこれは作って一晩おいた状態です)

…と言う事でもう一度火にかけ、更に煮詰めました。
とはいってもほんのすこしだけどもー。
(1~2分の違いってくらいの感じです。で、これも煮詰め直して一晩おいた状態です)

IMG_7570.jpg

もう見た目が全然違うけど(笑)。
パテみたいだけど!レバーペーストみたいだけども!
柔らかさに関してはもう、お好みだと思いますが、ここまでしっかり煮詰めた方が私は好みでした♪
この方がアールグレイの味がしっかりして、美味しい。

そういえば「柔らかい」とか「とろける」という食感を好むのは日本人特有なんだってね。
確かに外国のケーキなんかは日本みたいなのはないかも。
「日本人に美味いって言わせたきゃ、柔らかいもん食わせてりゃいいんだ」とある外国人パティシエが言ったとか。
普通の人は真ん中の写真のクリームの方が美味しいって言うのかな?
アタシはパンチを求めますから(凝縮された味って意味も含む)下の方がいいです(笑)。
ちなみに私、結構かたい食べ物も好きなので(笑)。


ありがとうございました^^

ブラウンソースのパスタ

以前、ブフ・ブルギニヨンを作ってみた訳ですが、あれからも何度か作っています。

ソースを作るのに、シノワでこして、ブールマニエでとろみをつけるのが本来のやり方ですが、私は全てをブレンダーにかけてブールマニエを使わずに濃度を出しています。
それが、結構な濃度なもので…(笑)。
更に赤ワインを足して煮込みます。
そうすると相当な量のソースが出来上がってしまいます(笑)。

…と言う事で。

ブラウンソースのパスタ

IMG_7661.jpg

いつも大量のソースが出来上がるので、冷凍しておきました。
赤ワインがたっぷりで、そして野菜の旨味、牛肉の旨味がたっぷりと染み込んだ美味しいソース。
とはいえ、残り物ですからパスタに使わなくては(笑)。

作り方としては、とても簡単で。

みじん切りにしたにんにくと挽肉を入れ(今回は合挽きですが、牛挽肉だったらもっとおいしいかも!)炒め、きのこを加え、ソースを加えます。
そこに茹でたパスタを加え、茹で汁で濃度を調整し、塩コショウで味を整えて出来上がり。

IMG_7660.jpg

あ~、濃厚なソースの旨味が何とも言えず。
ミートソース系のモノは今迄も何度も作っているけれど、とても大人味。
一口一口噛み締めたくなる旨味。
赤ワインってすごい~!

残り物バンザイ^^


ありがとうございました^^

ところでどうでもいい話なんだけど…。
西友のCM、なんかビックリじゃない?
西友ニトリあえずIKEA(西友にとりあえず行けや)
最初見た時、空耳かと思ったけど、あれ戦略らしいね、すごっ!
西友CM⇒(リンク貼ってみた・笑)

牛モツの赤ワイン煮込みとアヒルとMOSCOW

某所で食べた「モツの赤ワイン煮込み」
作ってみたくなりました。

なので早速作ります。

IMG_7655.jpg

〈材料〉
牛モツ      250g
葱の青い部分   適量
にんにく     ひとかけ(包丁の背で潰す)

にんにく     ひとかけ(みじん切り)
玉葱       小1個(薄くスライス)
オリーブオイル  大1
トマトペースト  20g(適当な感じの量で)
トマト水煮缶   1/2缶
赤ワイン     200cc
ローリエ     1枚

水        300cc
固形コンソメ   1個
塩        少々
ブラックペパー  適量
砂糖       ひとつまみ

1.モツは2度ほど茹でこぼし、その後30分くらい葱の青い部分とにんにくで茹でる。

2.にんにくをオリーブオイルで香り出しし、塩コショウして、玉葱を炒める。

3.(2)にモツとトマトペーストを加えて更に炒める。

4.水煮缶と赤ワインを入れ、1/3量くらいになる迄煮詰める。

5.水、コンソメを加え、柔らかくなる迄煮込み、塩コショウで味を整える。

6.最後にほんのひとつまみのお砂糖を加え、火を入れて出来上がり。

IMG_7653.jpg

モツの状態によって、下処理は変わるかな、と思います。
私はとりあえず下処理した段階でちょっと口に入れてみて、臭みがなくなったところで処理を終了。
売っている状況にもよると思います。

最後の仕上げにほんの少しのお砂糖を加えてみると、急にぐんと旨味が増します。
久々に赤ワインに合うつまみを作ってみました^^


ありがとうございました^^

なんでモツの赤ワイン煮込みなんて作ってみたかというと…。

先週の木曜日。「さときっちん」のさとみさんとお会いしました。
春一番が吹いたこの日。朝からとってもいいお天気^^
夜に新宿で待ち合わせ、のはすが、夕方には吉祥寺にいました(笑)。
何故だか、彼女と会う日はいつもいつもそれはそれはとってもいいお天気。
この日もお家でじっとしているのは勿体ない日でした^^

ああでもないこうでもない、ああだこうだ…etcと話をしつつぷらぷらとお散歩。
飲む気満々でハモニカ横丁の「アヒル」というカフェへ。
確かここは~。
以前はワインとかダウニーと売っていた様な~~。
そのお店が変わっただけなのだけど。

オープンしてまだ間もないそう。

IMG_7609.jpg
とりあえずビールを注文し、大盛りだというフライドポテトを注文。
食べられないかもね…。
いや、食べられた。
これ大盛りじゃないから(笑)。
店内は塗装の匂いが残ってる。
ほんとオープンして間もないんだな^^



IMG_7613.jpg
そしてチキンカツをも食べる。
アタシ達が揚げ物を食べるのはとっても珍しいんじゃない?

そしてワインをガブガブ飲む。
ハウスワインが安い。


お会計の安さに驚きながら次の店「MOSCOW」に行く。
アヒルと同じ系列店。
スパインバルの様な一皿3~400円台のメニューがたくさんのお店。
スペインバルなのにモスクワ(笑)。
「アヒル」の斜め前にあり、移動距離推定2歩(笑)。

アヒルでは安いワインはボトルで498円。
630円払うと持ち込み可能(アヒル、MOSCOW共に)。
最近、耳にするようになったBYO方式のお店の様です。


IMG_7615.jpg
2軒目でもガブガブ飲む。
だって、ワインが安いから。
会話の内容は、それなりに濃かったはずだが…。
ガブガブ行き過ぎて記憶は薄れて行く(笑)。



IMG_7619.jpg
で、後何食べる?とメニュー見ながら注文したのがコレ。
モツの赤ワイン煮込み。
煮込みは食べるのも好きだけど作るのが特に好き。

で、作ってみた訳です。
やっぱり煮込みは美味しい^^


それにしても良く喋り、良く笑い、よく飲みました(笑)。
さとみさん、楽しい時間をありがとう~~~♪
Calendar
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。