スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとくちサイズの肉巻きおにぎり

私は飲みながら米が食べられる女。
むしろ飲みながら米を食べる事が嫌いどころかとても好きだったりする女。
おかずおにぎりのような物を作って飲む事に(やっぱり飲むのかー)

ひとくちサイズの肉巻きおにぎり

IMG_8621.jpg

これ美味しい美味しい^^
酒飲みさんにも飲まない人にもお子さんにもおススメ。

材料は、ごはん、プロセスチーズ、大葉、ごま、豚バラ肉(冷しゃぶ用薄切り)

IMG_8611.jpg
ごはんにチーズと大葉とごまを加えて混ぜます。
ちなみにこれは玄米100%+雑穀。
味付けは特に必要なし。
これを丸く成型。


IMG_8613.jpg
そして豚バラ肉を巻き付けてこんな風に。
冷しゃぶ用の薄い物が巻きやすくていいですよ。
キレイにピタっとくっつきます^^


今回、二種類作ってみました。

IMG_8620.jpg
これは焼いて、タレをからめたもの。
焼いて一度取り出します。
今日のもめんつゆ。
これにみりんを加えて煮詰めたところに再度加えて絡めるだけ。

これは子供にウケがいいと思う。


IMG_8619.jpg
これは塩とブラックペパーをしてしっかりカリカリに焼く。

そして、レモンを搾っていただきます。
のんべぇにはたまらん感じです^皿^


ありがとうございました^^

お返事遅れていてごめんなさい。
後ほどゆっくりさせていただきます^^
スポンサーサイト

イタリアンれんこん餅

なんだか冷蔵庫には結構な野菜がありました。
それもどれもこれも中途半端な量の物ばかり。
これだから一人暮らしは…(泣)。
色々救済しなくては!

イタリアンれんこん餅

IMG_8582.jpg

中途半端なれんこん。中途半端なトマトの水煮缶。ルッコラも少々。
何作るかーーーーー????
とりあえず飲むから(←また飲んでる)ワインのお供になるもの。

〈材料〉
★トマトソース(分量記載なし)
トマト水煮缶、玉葱、にんにく、オリーブオイル、ドライトマト、塩、コショウ、白ワイン

〈作り方〉
1.オリーブオイルでにんにくを香り出しし、玉葱とドライトマトを塩コショウして炒め、水煮缶と白ワインで煮る。


〈材料〉
★れんこん餅
蓮根            200g(すりおろし、水気を切る)
片栗粉           大2
塩             少々
ブラックペパー       少々
イタリアンハーブミックス  少々
ピザ用チーズ        ひとつかみ
オリーブオイル       適量

〈作り方〉
1.全ての材料を混ぜ合わせ、成型し、ラップをして一分加熱。

2.オリーブオイルで、焼く。

3.トマトソースをかけていただきま~す。

IMG_8587.jpg

残り物救済メニューにしてはとっても美味しく出来ました。
れんこん餅は今迄は和か中華方面に行く感じだったんだけど、ソースや混ぜ合わせるハーブによってワインにも良く合うんだなぁと思いました。

今回のれんこん餅ですが、成型した後にレンジで加熱してます。
する方法、しない方法、両々試しているんですが、レンジで加熱した方が崩れにくく、モチモチ感もアップすると思います。

これは元々は水煮缶を救済しようと思ってトマトソースを作ったところから始まったのだけど、ドライトマトやトマトペーストを加えると短時間で濃厚なソースになるのでドライトマトやペーストを常備しておくと便利だと思います^^


ありがとうございました^^

なんかイマイチなお天気。
東京はこれから雨らしい…。
残念な空模様ですが良い週末をお過ごし下さい^^

角煮釜玉麺

久々に作り置き出来るくらい角煮を仕込みました。

で、いつもちょこっと食べてあとは冷凍するんだけれど、今回は麺と一緒に食べてみようかなぁと。

角煮釜玉麺

IMG_8555.jpg

今回は麺に角煮の煮汁も絡めて食べてみたいなぁと思って、少し煮汁も多めに作った。
普段は最後にガーッと煮詰めるんだけれど、一部取っておいて麺に絡めて食べようかなと。

実は釜玉うどんの要領で中華麺に絡めて食べてみたいなぁと思って。
でも、一緒に煮玉子も作っちゃったからそっちも食べたいなぁ、と。
で、写真撮る時にはまだ生卵絡めてなかったんだけど、この後絡めた。
ラーメンを釜玉風にしてみたのは始めただけど美味しいかも^^

IMG_8556.jpg

…と言う事でこの日は一食で玉子2個を一度に摂取。
親子丼なんかでも一度に2個使ったりするけど、なんか小さく罪悪感があるのよね。
玉子は1日1個!というのを子供の頃言われていたのでそれが擦り込まれてるみたい。
ま、あんまり摂り過ぎはよくないわね、何でも(笑)。
そういえば、中華麺にも玉子使ってるか。食べ過ぎだな、こりゃ。

〈覚え書き〉
角煮の煮汁だけだとちと甘い(苦笑)。


ありがとうございました^^

一昨日の日記に沢山のコメントをありがとうございました。
「klan」というHNですが読み方自体は「くらん」なので、タイピングがしづらい方は今まで通り呼んで下さい。
あくまで私の気持ちの問題なので^^

茄子の酢煮浸し

B級品の茄子100円(形が悪いっていうだけ)、ピーマン98円、茗荷98円。
この3種類が一気に安かったので迷わず作る事にした。

茄子の酢煮浸し

IMG_8576.jpg

茄子とピーマンは素揚げして、お出汁で軽く煮る。
お出汁を取るも良し、麺つゆや出汁醤油を使うも良し、その時々の状況で私は変えるのだけれど、今回は以前モニターでいただいたいりこつゆがあったので、それに少量のみりんを加えた出汁で煮ました。
茗荷を加えて、お玉一杯分くらいのお酢を加え、一煮立ちさせたら出来上がり。
少し甘めにした方が酸味が美味しく感じます。

毎年夏になると必ずやります。ピーマンはししとうに変えても美味しいし。
お酢のさっぱりとした感じがとても好き。

これに関しては常温か冷やした方が味が馴染んで美味しいので、作ってすぐ食べる事はないかな。
味を馴染ませる際、一緒に輪切りの唐辛子を少し加えておくとアクセントになります^^


ありがとうございました^^

今日からHNをくらん→klanに変更する事にしました。
…っていうか戻したんですけど(笑)。

お時間ある方は続きをどうぞ^^

+ Read More

スパゲティー・ナポリタン

最近、都内某所に昔から根付く某百貨店(というスーパーだなぁ、あれは…)がやたらとテレビで取り上げられている。
その地に生まれたときから暮らしているという子にその百貨店(デパートではなく百貨店です)の話をしてみると地元では有名で、面白い話がいくつか聞けた。お年寄りと中学生に人気の百貨店らしい。

その後もテレビでやたらと取り上げられているのだけど、食堂のメニューが懐かしい物ばかり。
買い物客の憩いの場となっているのだそう。

スパゲティー・ナポリタン

IMG_8545.jpg

ナポリタンは何度か作っているけれど、この食堂のナポリタンはケチャップたっぷりだった。

なんかレトロ、美味しそう!と思いつつ、
「いや、こんなにケチャップいらないんじゃないの(笑)?」
とも思った(笑)。

…ので、ケチャップ、トマトの水煮缶、トマトペーストを少しずつ使ってみました。

玉葱、ソーセージを塩コショウしながら油で炒めて、トマトペースト、水煮缶を加える。
そこに白ワインと少量のコンソメを加える。
ピーマン、パプリカを加え、茹で揚げたパスタ、茹で汁を加え、ケチャップで味を決めて出来上がり。

IMG_8547.jpg

パルメザンチーズを切らしていたのが惜しい!

実は私、昔からパルメザンチーズがすごく好きで、ドバドバかける。
目の前でパルミジャーノをすってかけてくれるお店などでは店の人が気の毒になる事もあったし(笑)、子供の頃、夕飯がパスタの日はチーズ嫌いの母がその匂いに耐えられなかった為、一人ちょっと隔離された場所で食べたりしてた程(笑)。
なので、あえて買い置きしてない。
だって恐ろしくかけてしまいそうな自分が大人になってもいるから(笑)。

さて、ナポリタンを久々に食べたくなったきっかけになった百貨店。
ソフトクリームを頼むのに「ソフトとコーン」というオーダーの仕方をすると、通常三段のソフトクリームが二段になるもののおなじ値段で二つ出てくるらしい(現在はプラス20円だそうです)。
中学生だった頃、よく友達と行って食べていた、とその子は言っていた。

それにしてもナポリタンっていうのはなんか懐かしい味だなぁと思う(そりゃそうさ。アタシが子供の頃はミートソースとナポリタンしかなかったもん・笑)。


ありがとうございました^^

ポテトとアボカドのわさびマヨサラダ

外食したときのメニューにあって、美味しかったのでちょっと自分なりに作ってみました。
(似た様な見た目のサラダは今迄にも色々作ってるんだけど)

ポテトとアボカドのわさびマヨサラダ

IMG_8580.jpg

〈材料〉
じゃがいも(中) 3個
アボカド     1/2個
塩        適量
ブラックペパー  適量
マヨネーズ    大2
粉わさび     小1
にんにく     ひとかけ(すりおろし)
出汁醤油     少々

〈作り方〉
1.じゃがいもは茹ででマッシュしておく。

2.アボカドを加え、塩、コショウを軽くする。

3.マヨ、粉わさび、にんにくを合わせた物を混ぜ、出汁醤油を少量加えて出来上がり。

食べた物にはにんにくは入っていなかったのだけど、お休みの日だしいいかなぁ、なんて具合で入れてしまいました。
お酒のお供には良かったです^^
今回粉わさびを使ってみましたが、チューブのわさびの場合は多分小さじ1とか入れちゃうと辛いと思うので調整して下さい。
これ、とっても美味しいのだけど、別にこれ黄金比率とかではないので、適当に。
ま、店で食べたのとはなんか違う物になっちゃってるし(笑)。
わさびとにんにくとアボカドとポテトがおいしいよってだけです(笑)。


ありがとうございました^^

蓮根と茗荷の鶏団子と蕪の葉の親子丼

大葉味噌de蓮根と茗荷の鶏団子を作った時にタネが少し余ったので、一口大に成型して一緒に焼いておきました。

蓮根と茗荷の鶏団子と蕪の葉の親子丼

IMG_8464.jpg

そして、少し残っていた蕪の葉と一緒に親子丼にしました。
これにもたっぷり茗荷を添えて。
パッと見ると小松菜だよね~。
でも蕪の葉。

IMG_8463.jpg

今回の蕪の葉は道の駅で買った物だけど、本当に新鮮だった。
普段近所のスーパーでは、ここまで新鮮な物は手に入らないから、先日のかき揚げとか、こういう風にして食べた事はなかったけれど、本当に香りのいい葉だなぁと思った。
野菜はやはり収穫したてがおいしい、というけれど、収穫したてだともっと調理法の幅が広がるお野菜も多いのだろうなぁと思う。

今日は関東は雨。
まるで梅雨入りの様な空模様。
ゆっくり過ごして明日からの一週間に備えるのに良さそうです^^


ありがとうございました^^

調整ごはん

自分が料理ブログを始める迄、他の料理ブログをやっている方のブログって見る事がなかったし、今でもやりとりのある方以外のブログって見る事がほとんどないんだけど(あ、時々、気になるなぁって方のところにはこっそり遊びに行ったりしてるんだけど~^^)。

みなさん、お酒のつまみとか、美味しそうなごはんを毎日アップしていてすごいなぁと思う。

だけど、だけどさっ!
そんなに美味しそうな物ばかり食べていて、太らないの????

IMG_8563.jpg

アタシは太りやすいんでご馳走を食べ続けてるととっても大変な事になります。

なので、お夕飯に約束が入っていたりするとそれなりに節制したりする訳。
だって、昼普通に食べて夜、ご馳走食べたりしたらもう戻すのに何日かかるやら…(涙)。

…という訳で夜の外食予定の日は豆腐と野菜をどーん!
とかそんな感じです。

みなさんはどうしてる?
それとも太らないの?
太らない身体がほしい~~~~~。
ま、かといってぎすぎすのガリガリも嫌だけど。

今日、とあるジーパンを見てビックリ。
こんな細いのはけてたんだ…。これはくの、相当な努力が必要だな…はぁ。


ありがとうございました^^

山賊焼きの雑穀玄米丼

普段あんまり肉のかたまりを食べる事ってないんだけれど、今月に入ってからと言うものどうも「肉モード」にスイッチが入ってしまったようで、焼き肉に2度も行っている。
普段は焼き肉って半年に一回行けばいいほうなんだけど。

で、肉モードに突入したらなんだか妙に唐揚げモードにも入ってしまった。

山賊焼きの雑穀玄米丼

IMG_8534.jpg

ここで登場頻度の高い肉は間違いなく鶏肉。
経済的に買いやすい、というのもあるけれど、とにかく鶏肉が好き。
特に竜田揚げが好き。だから太るんだけど好き。
だけど一口サイズに切って揚げるより、油に触れる表面積が少ない方がいいか、と塊のまま山賊焼きにしてみました。

まぁ、単純に塊のまま揚げれば山賊焼きなので(笑)。

今回は、葱、大葉、生姜、にんにく、醤油、酒、すりごまでつけ込んで揚げ焼き。

IMG_8537.jpg

最近、玄米食にハマってしまって、玄米100%プラス雑穀で食べています。
ルクルーゼを買って以来、圧力鍋の出番は全くなくなってしまったのだけど、色々試した結果、玄米100%で炊く場合は圧力鍋が一番私の口には合っているみたい。

まぁ、なんていうか…。
白米も玄米もカロリーは一緒だけれど、食物繊維が多いってことで…(笑)。


ありがとうございました^^

IMG_8544.jpg
開封したまま放置されっぱなしの海苔も発見。
手巻き寿司の様に巻いて食べました(笑)。

セルクルを持っている訳

何の意味もなくただ撮っておいた画像なのだけどちょいと載せてみようかな。

超熟のイングリッシュマフィンを前に試食した時、とっても美味しかった。
恐らく相当お腹が空いていた、っていうのもあるんだけど(笑)。

IMG_8432.jpg

いつもより安かったみたいなんだけど、いくらなんでも一人で4つも食べられないし…と買わなかった。
そしたらこの間、家の前のスーパーで一袋98円だったからなんとなく買った。

イングリッシュマフィンってなんか好き。
たま~に食べたくなる。なんとなく蓮根をはさんで食べてみた。
しっかりした食感がわりと合ったりして。
結構美味しいな。

初めてイングリッシュマフィンを食べたのはマックだったと思う。
なんか美味しいなーと思ってからたまに食べたくなって、高校生の時、朝学校に行って出席とって学校抜け出してマックでマフィン食べてた事があったような(笑)。
だって、朝しか食べられないしー(土,日に早起きすりゃいいって話・笑)。

IMG_8433.jpg

で、そんな私は数年前にイングリッシュマフィンを作っていたらしい。
画像が出て来た(笑)。
ブログを始めるよりずっと前。
まだデジカメ持ってなくて、携帯で撮ってたみたい。


13057602_32.jpg結構美味しかったんだよね。
でも面倒くさかった様な(笑)。
だって、その後一度も作ってないんだもん。
めんどくさかったに決まってる。
(この画像、クリックで拡大してしまったりします)。
あ、ちなみに上の二枚の画像は「超熟」ですよ~。
私が作ったのは下のちっこい二枚。


13057602_251.jpgで、なんでこの画像を載せてみようかと思ったかと言うと…。一昨日、まぐろのタルタルを載せた時「セルクル」に詰めて、と書いたら「私もセルクルが欲しい!」と書いていた方二名。
そっかぁ、セルクル欲しいんだぁ。一体何に使うの~?
なんて思いつつ、じゃあ、アタシはなんで持ってるの?って考えたら…。
そうか、アタシ、マフィンの為に買ったんだった!と思い出したって訳です(笑)。
画像とともにレシピも出て来たので、そのうちまた作ってみよう。



ありがとうございました^^

お返事遅れていてごめんなさい。
帰宅してからゆっくりさせてください^^

トマトと新玉葱のパスタ・ディル風味

ディルが残っていたので、香りを生かせる食べ方ないかなぁ~と思いつつ、パスタにしてみました。
困った時のパスタ(笑)。

トマトと新玉葱のパスタ・ディル風味

IMG_8494.jpg

〈材料〉
トマト      1個(賽の目)
新玉葱      1/4個(薄めにスライス)
オリーブオイル  大1
にんにく     ひとかけ(みじん切り)
クリームチーズ  30g
塩        少々
ブラックペパー  適量
ディル      適量

〈作り方〉
1.玉葱を軽く塩揉みし、水で洗い、トマトとともにボウルに入れておく。

2.オリーブオイルににんにくを加え、かおりがたって来たら火を止め(1)のボウルに入れる。

3.適当な大きさにちぎったクリームチーズ(半量は残しておく)とディルを加える。

4.茹で上がったパスタを入れ、塩、ブラックペパーで味を整える。

5.お皿に盛り、残りのクリームチーズをトッピングし、更にディルを散らして出来上がり。

IMG_8495.jpg

冷製パスタにしようか少々悩みましたが、温かいパスタとしていただきました。
茹で上げたものを加えているだけなので、火を入れた熱々のパスタよりは少々温度は下がりますが、クリームチーズが適度に溶けて美味しいです。

私は元々トマトが異様に好きなんだけれども、今回トマトを益々見直してしまった。
(小学生の頃、夏に箱買いしたトマトを一人で半分食べて親は怒るやら呆れるやら)。
トマトって凄い。どんなハーブとも相性がイイ。
バジルとも美味しいし、オレガノとも美味しい。大葉とも美味しいし、茗荷と合わせてもおいしい。
今回のディルとも相性は抜群。
「えらいねぇ、あんた…」とトマトにつぶやいてしまった。
やっぱり私の好きなトマトだけある。


ありがとうございました^^

まぐろとアボカドのタルタル

仕事帰りにスーパーに寄りました。
時は午後5時。
朝から何も食べていなかったので、とても空腹で、空腹時の買い物って恐ろしい、と思いつつ、カゴへぽんぽんと野菜やら何やら放り込んで行ったのだけど、まぐろのたたきが安かったので酒の肴にしてみる事に。

まぐろとアボカドのタルタル

IMG_8523.jpg

何の捻りもありませんが。
基本的に作り方はこの時の物と一緒です。

まぐろのたたきには少量の醤油と柚子胡椒を加えて混ぜ、セルクルに詰めます。
その上にトマトとアボカドをオイルとバルサミコ、ハーブソルトで混ぜてのせるだけ。

IMG_8525.jpg

まぐろとタルタルにする場合、酸味が強い方がいいみたい。
バルサミコ多めがおススメです。
お好みでレモンを加えても^^

オリーブオイルにみじん切りのにんにくを加え、加熱したオイルでも美味しいと思います。
いや、おいしーはず。


ありがとうございました^^

100516_122027.jpgところで日比谷公園の中の松本楼の前にある銀杏の木(クリックで拡大します)。ここがパワースポットとしてテレビで紹介されたらしく…。
昨日は銀杏の周りにひっきりなしに人が群がっていました。

私はここに時々仕事で出入りして10年になりますが、別にイイコトナイゾ(笑)。
なーんて、他のスタッフも言っておりましたが(笑)。

でも、この銀杏、紅葉の時期を迎えると本当に美しいのです。
この前のテラスで挙式が出来るのですが、一面に広がる黄色い銀杏の葉のカーペットが本当に美しい。
毎年その時期の挙式は本当に美しいと感じます。
去年、その銀杏のカーペットのがとても美しい日に仕事仲間がここで挙式をしました。
しんとした空気の冷たい、でもとても厳かなお式でした。
とても穏やかに幸せそうです。
震災にも空襲にも負けなかったこの大銀杏。
どっしりとしたパワーを持っているのかもしれません。
室内から携帯でガラス越しの撮影ですが、ほんの少し、パワーのお裾分けです^^
(…って画像だけでパワーってもらえるの?って疑問が残るけど・笑)

ポテトと蕪の簡単グラタン

始めに書いておきます。いや、書いておかなくては!
このグラタンはとっても簡単で美味しいし、お酒にも合うし、素敵なんですけど(笑)超ハイカロリーなので、食べながら少し哀しい気分になります。
美味しいからしょっちゅう食べたいんだけどさ、食べられないっての。

ボテトと蕪の簡単グラタン

IMG_8489.jpg

〈材料〉分量記載なし(ま、適当に)
じゃがいも、蕪、チキンコンソメ、ブラックペパー、生クリーム、ピザ用チーズ、(アンチョビフィレ、ディル)

〈作り方〉
1.蕪とじゃがいもは薄く切って順番に重ねながら並べる。

2.ブラックペパーとチキンコンソメ少々をふりかけ、生クリームをひたひたくらいかけ、デイルを適当に散らし、ふわっとラップをして8分。

3.チーズをのせ、適当な大きさに切ったアンチョビ、更にディルを乗せ、オーブンで焼き目が付く迄焼く。

IMG_8485.jpg

基本的な工程としては、アンチョビもディルもなしで大丈夫。
ベーコンや葱を加えてみるのも美味しいです。
生クリームをかけてレンジで加熱する事によって、蕪もポテトもやわらか~くなります。
お好みの具材でどうぞ。

今回はディルを使ってみました。外国のポテトチップスにディル風味の物があるでしょう?
たまに食べると何気に美味しくて。
なのでグラタンに使ってみようかな、と。
で、ディルと来たら魚、と思ってアンチョビを。

でもまぁ、アンチョビはお好みだな~。なくてもいいかな、と思う。

ただ、ディルは加熱の時点で一緒に入れるとクリームに香りが移って美味しい♪
おススメです。白ワイン白ワイン~^皿^


ありがとうございました^^


IMG_8491.jpg
とろっとろです。
毎日食べたいくらい美味しい。
が、おっそろしくカロリーも高いでしょう~。
でもって身体にも影響が出るでしょう、絶対~。
ジャンクな物ってなんでおいしいんだろ、ぐっすん(涙)。

お返事遅れていてごめんなさい。
帰宅後ゆっくりさせていただきます^^

蕪の葉と新玉葱のかき揚げ

蕪を買ったら、立派な葉がついていた。
家に帰ってお水につけたら翌朝には背筋がピンっとしてそれはそれはなんだか勇ましい様になっていた。
最初はオーソドックスに細かく刻んで炒めるか、なんて思っていたのだけど、あまりにもピン!としているから、食感を生かして食べたいなぁと思って、サッと揚げて食べる事にした。

蕪の葉と新玉葱のかき揚げ

IMG_8477.jpg

蕪の鳩新玉葱を適当な大きさに切って、繋ぎ程度の衣にくぐらせてサッと揚げただけです。
kumakichiさんのところで見た、おいしそうな天ぷら
あぁ、暖かくなって来たし、私もおそばと一緒に食べたいなぁなんて思っていた矢先だったので、ちょうど良い偶然でした。

IMG_8484.jpg

見た目、とても地味だけれど、このかき揚げはもの凄く美味しかった。
蕪の葉ってこんなに香りがいいんだ…って驚いた。
最初は桜海老も一緒に、なんて思ったのだけれど、シンプルに味わって正解だった。
注目される葉ではないけれど、かき揚げにしてみるの、おススメです^^


ありがとうございました^^

新じゃがの炒め煮・コチュジャン味

毎年、新じゃがが出たら、必ず買う。
小さな物が詰め合わせてある物を買う。
私にとって新じゃが=小さいもの、である。

新じゃがの炒め煮・コチュジャン味

IMG_8460.jpg

炒め煮は、毎年必ず作る。
だけどよく見たらここにのせてはいないみたい。
これはずっと母が作っていた物だから、自分の物としてのせてなかったみたい。

今回は酒の肴になるように(いや、いつもそうなんだけど)コチュジャンを加えて煮てみました。

〈材料〉
新じゃが    500g
油       大1
水       200cc~
醤油      大2
酒       大1
砂糖      大1(今回は島ザラメ使ってます)
顆粒だし    小1/2弱
コチュジャン  小1
みりん     小1
すりごま    大2

〈作り方〉
1.油をしいた鍋に皮ごとの新じゃがを入れ炒めます。

2.そこにひたひたのお水(今回は200cc)、醤油、酒、砂糖、顆粒出汁を入れ、落とし蓋をして煮ます。

3.汁気が大分減って来たら、コチュジャン、みりんを加え、一気に煮詰め、すりごまをまぶしたら出来上がり。

★お鍋はじゃがいもを入れてコロコロ転がしながら炒められる程度の大きさの物がベスト。
今回はお水200ccと書きましたが、ひたひたくらいでOKです。

IMG_8462.jpg

普通に炒め煮を作るつもりだったのだけど、最後の段階で突然コチュジャンを入れてみようという気になりました。
というのも、普段はごま油で炒めてるのだけど、今回はうっかりサラダオイルでやってしまった為、濃厚さが欲しいかも~と思って加えてみました。

いつもの炒め煮はこのレシピからコチュジャンを引くだけです。
あ、みりんはいつもはもう少し多めです。小1→大1って感じかな。微妙な差ですけど。

とても濃厚です。
とりあえずビールととても合います^^


ありがとうございました^^

ホワイトアスパラとスピナッチのパスタ・アンチョビ風味

一昨年くらいからホワイトアスパラに魅了され、今年は見つけるたびに買っていた。
そしてこの間、一束58円と言う破格の値のホワイトアスパラに出会って、二束買った。
茹でて食べたり、ソテーしたり。
残りはパスタにしよう。

ホワイトアスパラとスピナッチのパスタ・アンチョビ風味

IMG_8441.jpg

〈材料〉分量記載なし
ホワイトアスパラ、ほうれん草(今回のはサラダほうれん草)、ドライトマト、アンチョビフィレ、にんにく、オシーブオイル、白ワイン、塩、ブラックペパー

〈作り方〉
1.ホワイトアスパラは皮を剥き、斜めに薄めにカット。ほうれん草も適当に。

2.オリーブオイルに刻んだにんにく、小さく切ったアンチョビ、細かく切ったドライトマトを入れ、香りがたって来たら、ホワイトアスパラを入れる。

3.ワインを加え、パスタ、茹で汁を加える。

4.ほうれん草を加え、塩、コショウで味を整えて出来上がり。

IMG_8440.jpg

シンプルだけどすっごく美味しい。
ホワイトアスパラの甘みも感じられるし、サラダほうれん草の甘みも美味しい。
今年はちょっとどうかしちゃった?ってくらいホワイトアスパラを食べた。
もうとてもとても満足。
恐らく、このパスタで最後なんじゃないかな、と思うんだけど、来年もまたホワイトアスパラに沢山出会えます様に^^


ありがとうございました^^

黒ごまたっぷり・蓮根の塩きんぴら

私は蓮根大好き。
しょっちゅう買う。
あんな食べ方もこんな食べ方も。とにかく蓮根食べるの好き。

黒ごまたっぷり・蓮根の塩きんぴら

IMG_8475.jpg


〈材料〉
蓮根    200g(正味)
ごま油   大1
生姜小   1/2(今回のはチューブタイプ使用)
にんにく  小1/2(同上)
塩     適量
酒     大2
みりん   大1
黒ごま   大2

〈作り方〉
1.ごま油に生姜、にんにくを加え、香り出ししたら蓮根を加え、塩をして炒める。

2.酒、みりんを加え、最後に黒ごまをまぶして出来上がり。

調味料の分量は適当です。
塩だけだとちょっと尖った味になるので、みりんを少々加えると丸みが出て美味しいです。
にんにくと生姜を加えているので、ただの塩きんぴらだけど、風味もありますよ~^^


ありがとうございました^^

大葉味噌de蓮根と茗荷の鶏団子

スーパーに行って、その日に安かった物をポンポンと籠に放り込み、
「さて…、この材料でごはんのおかずになるものを…」と考えたらこんな風になりました。
でも、よくよく考えたら、潜在的にさとみさんのところでいただいたつくね串が美味しかったのが知らず知らずにこんなものを作っていたのだと思うのだけど^^

大葉味噌de蓮根と茗荷の鶏団子

IMG_8451.jpg

〈材料〉
鶏ももミンチ  200g
蓮根      50g(細かく刻む)
茗荷      2本(細かく刻む)
生姜      小1/2(すりおろし)
醤油      小1
塩       少々
花山椒     少々
サラダ油    適量

【タレ】大葉味噌、みりん、酒(各適量)

〈作り方〉
1.材料を全て混ぜ合わせ、成型してフライパンにサラダオイルをひいて焼く。

2.しっかり焼いたら、【タレ】をしっかり絡めて出来上がり。

IMG_8457.jpg

なんか私は相当大葉味噌が好きなんだなぁと思う。
アボカドと大葉味噌を混ぜてごはんや豆腐にのせるもの好きなんだけど、この場合は味噌の辛みが引き立って、わりと辛口というか、キリッとしたしたドライなお酒によく合うと思う(白ワインとがビールとか)。
だけど、今回の様に更にみりんを加えてタレにすると今度は少し糖度の高いお酒に合う様な気がする(日本酒とか焼酎とか。ま、ビールにも合うんだけど)。

れんこんの食感を楽しみつつ、大葉の風味も楽しみ、たれの甘さみも堪能しながらトッピングの茗荷(分量外)の薬味感も楽しむ。
またもや仕事前に食べたごはんなのだけど、ビールが飲みたかったー。


ありがとうございました^^

おからコロッケ

最近「私っておから好きなんだなぁ」と思う。
おからが安いとすぐ買いたくなる(ま、おからってのは元々安い物だけど)。

GW中におからを買った。
生なので消費期限が短い。何作ろう?

おからコロッケ

IMG_8445.jpg

じゃがいもは使わず、おからだけです。

〈材料〉8個分
生おから     150g
牛乳       150cc
ベーコン     40g(細かく切る)
玉葱       1/2個(みじん切り)
塩        適量
ブラックペパー  適量
ピザ用チーズ   30g
パン粉      適量

〈作り方〉
1.ベーコンを炒める。脂が出て来たら玉葱を加え、塩コショウして更に炒める。

2.(1)とは別のフライパンでおからを乾煎りする。

3.牛乳をくわえ、粘りが出る迄加熱しながら混ぜる。

4.ベーコンと玉葱を加え、塩コショウで味を整える。

5.粗熱がとれたら、チーズを加え、成型し、パン粉をまぶしきつね色になる迄揚げる。

IMG_8447.jpg

割ってみるとこんな感じ。まさにおからです。

たいていのレシピはじゃがいもも混ぜた物が多いと思うのだけど、おからのみでやってみたかった。
バターも使わずに美味しく出来ないかなぁと。
牛乳でのばす事によって「洋」な味になりました。
挽肉をつかって、普通のコロッケ風にしてみるのもいいと思いますが、ベーコン、玉葱、チーズでおつまみ風に。
マヨとケチャップのオーロラソースが合います。

IMG_8443.jpg

実は今回、もう一つ実験をしたくて。
パン粉を使わずに出来ないかなぁと。
この画像のコロッケ。
パン粉をまぶした物とおからをしっかり乾煎りしたものをパン粉に見立てて揚げた物両方です。
見た目、わからないんじゃないかな?

ただ、ちょっと失敗したのもあって^^;
というのはしっかり乾煎りしないと油の中で衣がはがれちゃう(お皿にのせたのは成功分・笑)。

…ということで揚げるのに扱いやすいのはパン粉。
でも、しっかり乾煎りしたおからでもパン粉代わりになりますよ~^^


ありがとうございました^^

豆腐とアボカドのカナッペ&さときっちん

あ~、やっとGWが終わりましたね~。
なんかホッとしてるのですが(笑)。

毎日毎日外食続きで、身も心も胃袋も疲れて参りました(苦笑)。
一週間の間にたった1日だけお家でお夕飯を食べられる日があったので(正しくは飲める日があった・笑)。

豆腐とアボカドのカナッペ

IMG_8416.jpg

とても簡単なんですが、アボカドを大葉味噌で和えて豆腐にのせて食べるのが妙に好きなんですよ。
ビール片手にこれ食べてると「おっさんだわ~」と思う。
だけど今日は豆腐にのせてみました。

で、これ、2種類のっているのだけど、トマトがのっている方はGW初日にさときっちんのさとみさんのお宅にお邪魔したときに出してくれた一品「フルーツトマト、アボカド、きのこのオイルコンフィのバルサミコ和え」がとーっても美味しくて。

IMG_8412.jpg

茄子ときのこのコンフィのオイルが少し残っていたのでそれとアボカド、トマト、バルサミコ、ハーブソルトで味付けして水切りしたお豆腐にのせてみました。

IMG_8420.jpg

というのもファインチーズカンパニーのクラッカーをいただいた。
これ、チーズ売り場とかイタリア食材の売り場で見た事があるんだけど、オリーブオイルがきいてて美味しい!
でもイギリスものなんだよね。
で、これ、ほんとオリーブオイルの味がしっかりきいてる。
イギリスものだとは意外意外。
で、これ、塩もしっかりきいているので、豆腐も一緒っていうのがいいかなぁと。

IMG_8426.jpg

ワイン片手にパクパクと。

あぁ、それにしても今年のGWは本当によく食べた。
お酒も二日に一度は飲んでたしね。
そうかと思えば朝7時に起きてウォーキングしたり(笑)。
とにかく忙しかったー。

だけど月初が休みだとこの後が忙しいからな~。頑張って五月を乗り切ろ~!


ありがとうございました^^

さとみさんのお家にお邪魔したときの様子は続きをどうぞ^^

+ Read More

筍とベーコンのペペロンチーノ

あぁ、そうだそうだ、今日は火曜日だった!

なんだかバタバタと私のGWは過ぎて行き、今日が何日なのか何曜日なのか麻痺して来ています。

筍とベーコンのペペロンチーノ

IMG_8364.jpg

これは先週、何かの合間に食べたパスタ。
そうそう、穂先のない筍もらった時だった。
筍はパスタにするときはバジルと合わせる事が多いのだけど、今回はイタリアンハーブミックスで。
作り方は、ま、普通にペペロンチーノです。

IMG_8361.jpg

それにしても家にいない日々だわ。
外食続きで飲んで食べて…。
昨日なんて焼き肉食べて、ビール飲んでマッコリ飲んで。女の姿をしたおっさんの様…。

その罪悪感を打ち消す為に(?)毎日早起きでウォーキングしてチャラにしようと必死です(笑)。

GWも残り二日となりましたが、楽しく(?)のんびり(?)お過ごし下さい^^

スパイスを使って作る おうちカフェイタリアンレシピモニター参加中!

これでこのモニターのお料理も最後かな。

一番気に入ったスパイスは?の質問には…。
今回いただいた3種類のハーブは私にとって普段使いの頻度がとても高いものだし、どれもそれぞれ大好きなんだけれど、ハーブミックスが好きかな。
オレガノがとても好きなのだけど、オレガノの香りを楽しみつつそれに他のハーブの香りや旨味がプラスされているのがとても気に入っています。
今度自分の好きな配合で作ってみようかな^^


ありがとうございました^^

家にいる時間が全然ないので、コメ欄お休みします。
お休みが明けたらまたみなさんのところにもゆっくり伺わせて下さい^^

今日のあさごはん

GW、いかがお過ごしですかー?
私、朝起きては軽くごはんを食べ、仕事へ出かける日々。

手の込んだ物を作っている時間はないし、ゆっくり味わう間もなく。
ここ数日、こんな感じでパパッと朝ご飯を作ってあっという間に胃袋に詰め込んで元気一杯にでかけてます。

IMG_8393.jpg

このパンはモワザンというパリ12区にあるBIOのパン屋さんのパン・オ・ルヴァン。
…って言ったって、買ったのはパリじゃなくて千葉だけど(笑)。
このパン屋さん、千葉そごうと心斎橋そごうの2店舗しか日本にはなくて、心斎橋そごうが閉店してしまったため、今は千葉にしかない。
私ってば日本に2店舗しかなかったのに両方行った事がある。大阪に行ったって事だけど(笑)。

パリはBIOのパン屋が流行っているらしいけど、あまりBIOのパンはおいしくないと聞く。
だけどこのモワザンの粉は本当に美味しい。
初めて買ったときからファンで、私の好きなパン屋ベスト4の中の一つ。
三日ほど前に一つパンを買ったのだけど、昨日も用事があって寄ったので、また買ってみた。
いつもお気に入りのお目当てのパンが売り切れだったので、ルヴァンを初めて買ってみた。
柔らかい酸味が美味しい。
2種類の簡単なカスクルートを作ってみた。

これは前に餃子の皮のピザを作った時同様、細かくカットしたれんこんとアンチョビ、チーズを混ぜパンにのせ、トマトの水煮缶をソース代わりにちょこっと。前回はハーブミックスだったけど、今回はトマトを使ったのでオレガノにしてみた。

IMG_8397.jpg

そしてこれはハムの切り落としにブラックペパーを山の様にまぶし、チーズ、大葉を細かく刻んで混ぜたもの。
餃子の皮のピザ同様、アンチョビにゆっくり火を入れたったのにオーブンで焼きました。
忙しい朝になにやってんだか(笑)

IMG_8396.jpg

…とまぁ、私のGWの前半はこんな感じで過ぎて行っています。
今日は「明日からグアム行くー」とか「ゴルフで腰痛ー」とかなんだか楽しそうなメールが入って来てますが、明日も頑張ってお仕事してきます(笑)。

GW初日に遊んだ話とかまとめたいんだけど、ちょっと落ち着いてから。
みなさんのところにもゆっくり伺わせてさい^^

スパイスを使って作る おうちカフェイタリアンレシピモニター参加中!


ありがとうございました^^
Calendar
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。