スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Imperial Torte@Hotel Imperial(5日目:Wien)

2月23日。

今日から、ウィーンに行ってみる事にします。
「行ってみる」なんて気軽に書いていますが、友人が手配してくれたお陰。

行ってみたいカフェがある、とのこと。行きましょう行きましょう!
ウィーンでは五つ星のホテル、Hotel Imperial。ここのカフェのインペリアルトルテを食べてみたい、という友人。是非、食べましょう^^

Hotel ImperialのImperial Torte

IMG_3657.jpg

ハプスブルクの紋章である「双頭の鷲」が。
オーストリアと言えば、ハプスブルク家。かの有名なマリー・アントワネットもハプスブルクの人間だし、イタリア人アナーキストに殺害されたエリザベートもバイエルンからハプスブルクへ嫁いだ人。
後に書いて行きますが、私、エリザベートによってハプスブルクの歴史を(少々)知った人間なので、このチョコには少し心躍ります。

で、肝心のお味なんですが…。

IMG_3659.jpg

表面のチョコの下に分厚く存在感たっぷりに君臨しているのは…。
こちらではとてもポピュラーな「マジパン」。日本だとあまりマジパンって馴染みないですよね。
このお菓子食べた事あります?
ウィーン土産っていうとこれをよくもらいますが、全く持ってこれと同じ味です。
このトルテ(コチラではこういう生ケーキは「トルテ」と呼びます)、日持ちするらしく、お土産様にもあるのですが、このお菓子っていうかチョコっていうかモーツァルトチョコと同じ味がします。
私は正直なところ、このチョコを美味しいと思った事はないのだけど、不思議なもので、この土地でいただくと美味しい。
風土っていうのかな、ちゃんと土地とその味っていうのは繋がっているのだなと実感。

IMG_3655.jpg

あとはマロンのトルテをいただいてみました。
これも日本の物の方がマロンの味が濃い様な気がします。
日本のケーキって凄いんだなって思った。味もデコレーションも美しいんだなって。
でも、こういうケーキが美味しい環境でもあります、ウィーン。

IMG_3658.jpg

さすがにカフェの写真を撮れる様な状況ではありませんでしたが(何せクロークにコート預けるのにお金払うくらいですから)落ち着いた非常に雰囲気のいいカフェでした。
お値段も日本のホテルで頂くくらいのお値段だったと記憶しています。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




今日はとても長いのでお時間のない方は読まない方がいいと思われます(笑)。

朝、7時半にMünchenを出発してWienに向かいます。
とても安いチケットを押さえてくれました。ウィーンまでは4時間半。ご飯食べたり爆睡したりで気づけばWien Westbahnhof(ウィーン西駅)に到着

IMG_3633.jpg

音楽の都、ウィーンと言いますが、私としてはウィーン関してはもっと気になる事が。
私、オーストリア皇后エリザベートに興味がある。
…というか、最初は彼女の事を描いたミュージカルを見たのがきっかけ。楽曲の素晴らしさに惚れ、このミュージカルを何回見ているかわからない。
日本で、あらゆるキャストでこれを観て、前回のドイツでは原語でこのミュージカルを観た。ウィーンからお引っ越し公演が来ると聞いて大阪まで観に行き、とにかくこのミュージカルを何度も観ている。CDも各国版を持っている。それを機に、彼女に関しての本まで読む様になった。
なので、ウィーンに行く機会があれば行ってみたい所は色々あった。
「行く事あるのかな?」とぼんやり思っていただけなのだけど、今回ウィーン行きを友人が実現させてくれた。

ホテルにチェックインして、まずはシェーンブルン宮殿に向かいました。

IMG_3642.jpg

ここは夏の宮殿と呼ばれ、ハプスブルクの歴代の君主が離宮として使ったところ。
今までテレビでしか見た事のない、宮殿の様子が実際に目の前にあるのはなんとも言えない感じでした。中は撮影禁止なので、脳裏に焼き付けてくるしかなかったけれど、凄く来たかった場所。
夏に行くとお庭がとてもきれいなんだけど(行った事ないけど・笑)冬は寒々しい(笑)。
ウィーンの中央部から30分くらいですが、郊外なので気温も若干低めです。
現在は一部が公務員住宅になっているという(笑)。2LDKで4万7千円だって。安っ!

シェーンブルンを後にし、ホテルインペリアルに向かった訳ですが、その真裏にある楽友協会をパチリ!

IMG_3662.jpg

ここはかの有名なウィーンフィルのニューイヤー・コンサートが催されるところでもあります。
オーストリアののピアノメーカー、ベーゼンドルファー(現在はヤマハの子会社)も同居しています。
通常ピアノは88鍵ですが、ベーゼンのピアノは92鍵とか97鍵の物があり、その部分には蓋がしてあったり、黒塗りがしてあります。
何語ってんだ、私(笑)。

で、話を戻して…(笑)。
ウィーンに来たから、何か観て帰りたいなぁ…。本当は楽友協会で何か観たかったのだけど、あいにくの休演日。
いくつかのホールの演目を検討しVorksoper(フォルクスオーパー)でバレエを観る事にしました。

IMG_3669.jpg

日本で下調べをしたら、日本語で演目をあげてくれているサイトがあった。
そこには「女王に捧げるダンス」って書いてあって、劇場の英語サイトに飛んだら、ロックバレエって書いてあった。
面白そう!ってわくわくしながら開演を待つ。
幕が開いて流れた曲はこの曲!
女王って!女王って!QUEENかい(笑)!
そう、QUEENの曲をふんだんに使い、モニターにはフレディ・マーキュリーが映し出され、それに合わせてバレエを踊るという斬新な内容な物でした。
いやぁ、直訳するとこうなっちゃうのかなぁ…(←ドイツ語全然わかってない人の発言)。
だけど、タイトル知らなくてもQUEENの曲をかなり知ってる自分に驚いた!
いや~、でも面白かった。ちゃんとバレエなんだもの。アクロバティックな動きも入ってて楽しかったわー。

Trackback

Trackback URL
http://adlibcooking.blog98.fc2.com/tb.php/391-4f36c43c

Comment

SACHIKO | URL | 2009.03.06 21:21
くらんさん! もう楽しすぎます!!!!長いなんて最初に書かれていたから気合を入れて読み始めたのにぃ、、、「え?もうお終い?」って思っちゃいましたよぉ。本当に素敵な楽しい旅行ですね。くらんさんがそんなに思い入れのあるウィーンに行くことができたのも、本当に不思議。夢って叶うものなのですね。ケーキもとても美味しそうです。そうなのですよねぇ、その土地のものはその土地で頂くのが一番美味しいのですよねぇ。きっと湿度や空気やいろいろな物が作用するのだと思います。私はチリワインが大好きで、チリワインをお土産に日本に持っていくと、日本では美味しくないのです。あの乾燥した空気の中で飲むのが美味しいのです。日本ではビールが美味しいように。。。ピアノのお話ももっと聞きたくなっちゃいました。一つのことに通じている方から聞くその方面のお話って、本当に興味深いです。どうしてピアノの鍵が多いのでしょうね。そして、そこに蓋がしてあったりというのもとっても不思議。。バレエ、笑っちゃいましたぁ。面白すぎます!くらんさん、今回のドイツは生活、食、楽、学、全てで本当に楽しいです!またくらんさん、どこか海外いかれてくださーい!(海外に当分行けない私にかわって)こんな旅行、したいです。一緒に楽しませていただきます!SACHIKO
明日香 | URL | 2009.03.06 23:54 | Edit
くらんさん、応援まにあった。。。長くなるので読むのはやめましょうって(笑)でも 私流勝手な速読 で 読ませて頂きました。
日が変わったらもっとゆっくり読みます。

あ、今ポチ終わったからまたゆっくり読む。。。
ウィーンかぁ・・・そしてフレディ・マーキュリー・・・(笑)。。。クイーン大好きよ、私も。。。

さちこさんが言うように長いって書いてあると覚悟するから え?短い?と思った。。。

家賃5万円以下、絶対にすむべしって感じだ。。。素敵なところにすんでパワーをもらいたいー!
くらん | URL | 2009.03.07 02:57
♪SACHIKOさん

私、エリザベートの語らせるとクドくて長くなるので、なるべく簡潔にしたつもりなんですけど、やっぱり長いかなぁ…と思って^^;

ウィーンはね、なんていうのかな。行きたかったんだけど、今、私は大分クラシックから離れてしまって、違うジャンルをやってるから、クラシックを専門にやっていた学生時代に行っておくべき場所だったんじゃないかと思って、今の自分が行くべき場所じゃないと思ってたんですよね。
でも、ハプスブルクに興味を持って…。でも動機がミュージカルで、なんだかミーハーな気分でいくような感じだったから、今まであまり候補にあげたことなかったんですよ。
だけど、ウィーンに行ける事になって。そしたらアレも観たい、コレも観たい!ってなった訳です。

やはり、風土ってありますね。気候や空気、色んな事が繋がっているんだと思います。
だから、私はその行った土地でしか食べられないもの、感じられない物を大事にしたいし、トライしたい事が沢山あるのです^^
ま、QUEENについてはとてもビックリしましたけど(笑)。
くらん | URL | 2009.03.07 03:06
♪明日香さん

ウィーンでフレディ・マーキュリーは凄いでしょう?
幕があいて「QUEEN」の文字とフレディが現れた時はビックリしたというか「そうか!」と妙に合点して納得(笑)。
あまりクィーンの事って詳しくは知らないんだけど、フレディの声と曲は好きなんですよ^^

家賃5万円以下って凄いでしょう?
人の住んでる形跡はなんとなく見えましたよ~。
リフォームは許されているみたいだけど、やっぱり色々不便はあるのかな?
あまり人気はないような事も聞きました(笑)。

明日香さん、いつも応援ありがとう^^
shima | URL | 2009.03.09 09:30
くらんさん~♪
2日遅れでごめんなさいです~~~・・・
でも、こちらにお邪魔したかったんです・ごめんなさいです・・・
紋章入りのケーキ・・・見ているだけで緊張してしまいます~重厚???
な感じですよね~でも、こういう雰囲気大好きです~♪
ケーキはどれもちょっと重くなかったですか??でも、くらんさんも書かれていますように、その国ではおいしいな~と思うんですよね・・・
それは体感してからこそ言えることんですよね・・・

私ね、エリザベート大好きなんです~伝記を読んでからクリスマスの時期に母と姉と結婚前に行きました・これが最後の3人での旅行になったのでとってもいい思い出になっています・・
シェーンブルン宮殿を見た瞬間にキュ~ンとなってしまいました・・あ~私もまた行きたいです・・
くらん | URL | 2009.03.09 12:50
♪shimaさん

わぁ!shimaさんもエリザベートお好きなのですか!
もう今や私の中ではウィーンと言えば、ハプスブルク、エリザベートとなっています。
日本にエリザベート展が来た時も行ったんですけど、日本のエリザベート展の方が凝縮されていて色々見れた様な(笑)。
今回、衣装がどこにあったのかわかりません~~~。
でも、実際に生活していた部屋が見れたのはいい経験だったなぁと思ってます^^

このトルテ、いいでしょう~。出て来た途端に「双頭の鷲~!」とか思って^^
で、確かに重かったですよ。デメルもね、気のせいかなぁ、以前食べた物より軽くなっていた気がします。もっとずっしり重く野暮ったい味だったはずなのにぃと思いました(笑)。
Comment Form
公開設定

Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。