スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sacher Torte@DEMEL & Wiener Schnitzel@Zum Figlmüller(5日目:Wien)

2月24日。

Wienを代表するスィーツと言えばコレ!
ザッハトルテ

IMG_3732.jpg

ザッハトルテと言えば、日本ではDEMELがポピュラーかな。ウィーンで有名なのはこのDEMELとホテルザッハーのザッハトルテ

以前、お土産で両方のザッハトルテを一度に試食するというチャンスが。
その時に私的にはDEMELに軍配があがった。
これは好みなんだけれど、ホテルザッハーの物は杏ジャムの量が多く、酸味が多い。
私としてはチョコレートを感じられる方が好み。

IMG_3739.jpg

以前、テレビでウィーンのザッハトルテには山盛りの生クリームがついてくる、というのをやっていた。
日本だったらおっそろしくてやりたくないけど、ここは海外マジック。絶対やりたい。
財布の紐が緩むの同様、普段ちまちまこだわるカロリーも度外視。生クリームに埋もれてみたい。
隣のおじさんのお皿に乗った大量の生クリーム。いいないいな♪

…が、運ばれて来たザッハトルテには生クリームはついていませんでした(笑)。
言わないとついて来ないみたい。お願いすると別容器に入れて持って来てくれました。

IMG_3742.jpg

さ、やるか♪
ほとんど甘さのないクリームは濃厚なトルテによく合う。
口に運ぶごとにこれくらいの生クリームをたっぷりとつけていただきました。
物凄くおいしいか?と聞かれれば日本にはもっとおいしいケーキはあると思う。
でも、以前、日本で買ったDEMELのザッハトルテや、お土産で買って来てもらったザッハトルテよりは美味しいと思った。
出来立てであるということ、そしてこの街の、このカフェの雰囲気にあっていると言う事。
揃った条件の中でいただくのは美味しい、と思いました。

DEMEL(デーメル)
《所》Kohlmark 14 《交通》U3号線 Herrengasse駅より徒歩4分
《TEL》01-535-1717 《営業時間》10:00~179:00無休
《料金》€2.80~ 《Card》Visa、Master、AMEX、Diners、JCB
《URL》www,demel,at

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

DEMELで2~3時間喋りつくしたあと、こちらのお店へ。

Zum Figlmüller(ツム・フィグルミューラー)

IMG_3753.jpg

観光客向けのお店ですね。ガイドブックにも載っているし、お皿の上に用意されたナプキンに各国の言葉でこんな風に書かれているし(笑)。
実際に行ってみたら、満席で支店に行けと言われ、支店までの案内が日本語表記で、店内にも日本人を始め、観光客がいました。なんだか紙ナプキンに書いてある日本語が微妙に怪しい感じ。最後の3文字どうやって発音するんだ…(笑)。でも私、こういうの結構好きなんですけど(笑)。

で、ここで何が食べられるかというと…。

IMG_3754.jpg

こんな物が食べられます。特大のウィンナーシュニッツェル。
ミラノ風仔牛のカツレツの豚版です。
まぁ、これだけみても十分大きいんですけど、何か対比するものがあれば…と思ってデジカメを並べてみました。

IMG_3755.jpg

デカっ!
こういう時たばこの箱って便利なんだよね。大きさを比べるのにとってもわかりやすい。このデジカメ、たばこよりちょっと大きめ。
「絶対マスタードがあった方が美味しいわよね。豚カツなんだから」と朝食をいただいたホテルのレストランからマスタードを持参(上に見えるチューブ)。うん、マスタードが美味しい。
こんな大きさだと一体何グラムあったのかさっぱりわかりません。
それでも一人で食べ切ろうとはさすがに思えず、シェアしていただきました。
衣はサクサク、お肉はジューシーで美味しかったです。
大きさもさることながら、一体どんな鍋でこれ揚げてるんだ…?と妙に気になった私でした(笑)。

Zum Figlmüller(ツム・フィグルミューラー)
《所》Wollzeile 5 《交通》U1.3号線 Stephansplatz駅から徒歩4分
《TEL》01-512-6177 《営業時間》11:00~22:30 《休》8月
《料金》昼夜€13.90~ 《Card》Visa、Master、AMEX、Diners
《URL》www-figlmuller.at

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^




今日、朝から向かったのはホーフブルク(王宮)です。
ハプスブルク家640年の居城。部屋数は2,600と言われます。

IMG_3681.jpg

ここではシシィミュージアムに入ってみます。ちなみにSissi(シシィ)とはエリザベートの愛称。シシィミュージアムには銀器・食卓調度コレクション、皇帝居館があります。

IMG_3684.jpg

ここの銀器・食卓調度コレクションが素晴らしい。
ハプスブルクの紋章の入った食器類の数々。現代の物に比べると無骨ではありますが、その当時の事を考えるとどれだけ立派なものだったかと想像できます。

IMG_3697.jpg

写真を撮っていいのかわからず、なかなかシャッターが切れなかったのだけど、途中からいいのだとわかって写しました。前半にあったカトラリー類の凄い事!これが撮影出来なかったのが残念。スプーンやフォークの一つ一つにハプスブルクの紋章があって、重厚感がありました。

IMG_3699.jpg

このヘレンドのシリーズがが可愛かった。ヘレンドやマイセンが沢山展示されていました。

そして私が感心させられたのはこれ。

IMG_3700.jpg

この芸術的なナプキン。これは一メートル四方の大きなナプキンを使って折るのだそう。

IMG_3702.jpg

今ではもう、これを折れる人はほとんどおらず、継承して行く事は難しいと言っていました(日本語ガイドが・笑)。
この後、皇帝の居館を見学(撮影禁止)。これまたテレビの中でしか見た事がなかった部屋を目の当たりにし、初めて知った真実があり、ハプスグルクの歴史を知るのでした。
ヨーロッパのこういう場所は予備知識が必要なところですが、ちょっとでも知識を入れて行くとその歴史をグッと身近に感じられると思います。
ハプスブルクに関して、フランツヨーゼフとエリザベートの時代に関しては勉強した訳でもないのに、自然と知識があったので、非常に近く感じられました。
この後は、カプツィーナ教会に行き、ハプスブルクの人々が眠る場所を見て、デメルでの長いおしゃべりの時間に繋がった一日でした。

Trackback

Trackback URL
http://adlibcooking.blog98.fc2.com/tb.php/396-51da7c73

Comment

明日香 | URL | 2009.03.07 14:21 | Edit
きゃー!!!くらんさんは赤ねー!!!>ルク鍋
いいねいいね!!!!
可愛い可愛い!!!そしてきょうの旅行記・・・ザッハトルテ♪

なんだか一緒に旅してるみたい!!!!嬉しい楽しい美味しい!!!!
くらん | URL | 2009.03.07 18:00
♪明日香さん

明日香さんは確かいくつかルク鍋持ってるんですよね。
オーバルも欲しかったんだけど、まずはロンドから^^
私、赤が好きなんで、迷う事なくコレでした!

ザッハトルテはあちらの気候だからこそのおいしさですね^^
SACHIKO | URL | 2009.03.07 21:14
くらんさん! すっかり気分は毎日ドイツ~ですぅ!ザッハトルテ、美味しそうです!私はぜったに生クリームオーダーします!こちらでもアップルパイにアイスがついてないと別オーダーします!くらんさんのブログを楽しんでいると、いかに自分が無知なのかを知ります。。ザッハトルテ、「はぁ、オーストリアのお菓子だったんだ。」と今知りました。。あんなケーキとお茶で2-3時間おしゃべりなんて、とっても贅沢な時間ですね。それしてもあのカツ!びっくりサイズですね!しかも豚というのが魅力的~。まさにとんかつですね!ドイツもサイズはビックなのでしょうか?あれは普通は一人で頂くものなのでしょうか?ミラノ風カツは牛なのであまり好きではないのですが、これはとっても美味しそう!カリカリが伝わってきます!くらんさん、歴史を知って旅行するって楽しいですよね。今まで教科書や本でしか見てなかったものが生の目で見れて、側に感じられて、歴史が蘇りますよね。くらんさんはヨーロッパの歴史に詳しそう。私の今度の海外旅行は日本かなぁ。。。その時は日本の歴史をおさらいしてから帰ろうかな。。。(日本無知でもあります。。)今日も楽しかったです!でも、こちらはこれから一日に始まりです!今日も気分はドイツ~で頑張ります!SACHIKO
くらん | URL | 2009.03.08 01:16
♪SACHIKOさん

オーストリアとドイツは食べ物は大分被っています。生ケーキの呼び方は両国共にトルテだし、ドイツにももちろん普通にザッハトルテあります^^
でも、ドイツよりオーストリアのケーキの方が小振りでした。というかウィーンで見たケーキ達は日本と同じ大きさ、ドイツのがうわ!でか!って感じです(笑)。

ウィンナーシュニッツェルは衣に味がついてて美味しかったですよ~。レモンだけで十分いけます。
ドイツにもこういう大きいの食べられるお店があるんだって。でも、これは特別ですよ、どこでもこんなに大きい訳じゃありません(笑)。
ヨーロッパは全然詳しくないですよ~。でも、多分とても好きなんだと思います。
初めて海外に行く時、絶対にロンドン!と決めていたくらいなので、ヨーロッパにあこがれがあったんでしょうねぇ(笑)。
shima | URL | 2009.03.09 09:39
くらんさん~♪
ほぼストーカーと化していますが~すみません~こちらにも登場しちゃいます~~~♪
ルクをお持ち帰りとは~恐れいりました~~お値段も変わらないそうで・・赤がとってもキレイです~私は白を愛用していますがこれをキッチンから持ち出すなんて~~~~腰が無理~アハハ^でも、くらんさんのお家に
お嫁入りしたルクは幸せですよね♪早速こんなにおいしそうなカレーを作ってもらっているんですもんね♪☆♪

さてさて・・・デメルとザッハ♪
写真を見た瞬間思ったこと~~~♪
あ~~~~ケーキが半分くらいのサイズになってる~~~でした♪笑♪
私も両方好きです~そして、添えのシャンティイも日本ではありえないですけど、あちらでは勿論アリですよね~♪

カツレツも~ジャンボ~~~ですが、ちょっとだけ食べたいな~と思いました♪
やっぱり旅行は最高ですね~♪
普段一生懸命お仕事されているんですもんね~♪楽しい旅行記を読ませて頂いてとっても嬉しかったです~♪
ありがとうございました~♪
あ・ちなみに私は、ハプスブルク家御用達のアウガルテンのカップを1客大事に持ち帰りました♪あ~私もまた宮殿行きたいですううううう♪
くらん | URL | 2009.03.09 12:54
♪shimaさん

やっぱりね~、私もこのザッハトルテを見たとき「おかしい、ちっちゃい…」と思ったんですよ。ケーキもどーん!生クリームもどーん!のはずなのに…と思いました。
なので、これみよがしに生クリームをたんまりつけて食べてみたんですけど(笑)。
shimaさんはどちらも好きなのですね^^私はデメル派です。

ルクは思いですねぇ(笑)。
でも、あの重さが煮込みに向いているんだな、と思います。
色々作りたいなぁ。

カツレツはジャンボ!ですよ、ほんと(笑)。
旅行はほんとリフレッシュになります。
行くはずではなかった旅行なので、急に決まってバタバタでしたが、本当に楽しかったです^^
私もね、食器もって帰りたかったけど、もう…ルクでいっぱい一杯です(苦笑)。
Comment Form
公開設定

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。