スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ料理2@Hofbräuhous om Plutzl(7日目:München)

2月25日。

今日はドイツでのごはんを。最後の晩餐です。
ウィーンからミュンヘンに戻り、ガイドブックにも載っているミュンヘンで一番有名なビアホールHofbräuhous om Plutzl(ホーフブロイハウス)に行きました。

IMG_3790.jpg

ここは1589年設立の由緒正しい王室ビール醸造所。1,200席の大ホールながらいつも満席。実際私たちが訪れた日も物凄いにぎわい。生演奏も聴かれます。

IMG_3791.jpg

もちろん、最後の夜ですもの。飲みます♪
っていうか飲まない日、一日しかなかったな。後は毎日少量ながら毎日何か飲んでたな(笑)。友人も飲める人なのだけど、禁酒中。私が毎日一人で飲んだくれていたという。
でも、こちらのビールって日本より炭酸が弱く、日本の様にキンキンに冷やして飲む事もないので、するするとお水の様に入って行きます(危険・笑)。
なのでドイツ人のみなさんは立派なお腹が出来上がるのだと思う。ま、私も立派ですけど。

IMG_3792.jpg

これはSchweinshaxe(シュヴァインツハクセ)という豚のすね肉をじっくりと時間をかけて焼き上げたもの。
皮がパリパリで物凄く美味しい。マスタードをたっぷりつけていただきました。
添えてあるのは初日に食べたお料理にも添えてあったカルトッフェルクヌーデル(じゃがいも団子)。
これは機会があったらまた是非いただきたいお料理。

IMG_3795.jpg

そしてこれもまた初日と同じソーセージの盛り合わせ。
今日もミュンヘン名物白ソーセージをオーダーしたのだけど、売り切れ。
白ソーセージって早い時間に終わってしまうらしい。
ミュンヘンの名物を食べずに終わるのは残念。
でも、今回はソーセージ食べ切った感はあるー(笑)。
ドイツはビールにソーセージにじゃがいも!いわゆる日本人が抱いているイメージ通りの食事はやり遂げました(笑)。

↓興味を持っていただけたらポチッとお願いします。
励みになります^_^





この日は、午前中街をプラプラして、ミュンヘンへ戻りました。
こちらの鉄道事情を綴ってみたいと思います。
画像は全く関係ないものですが、街で見かけたケーキ屋さんのウィンドウの写真などを。

IMG_3678.jpg

ウィーンへ行く列車。私たちが乗る号車は258号車だった。
ま、258号車っていう号車も凄いけど、まぁ、それはおいといて。
乗るはずの号車がない。
車掌に聞いてみると(ここからの事は私ではなく友人がすべて聞いてくれた事です)「その号車なくなっちゃったから、空いてるところに適当に座って」だそう。
こちらでは予約の入っている席にはネームカードが入っています。
それがないところは自由席という考え。なので誰が座ってもいい。
本来なら私たちの席もそうなっていたはずだけど、号車そのものがない。
それがなくなっても満席にならない、という事ではあるのだろうけれど、購入にあたり、年齢まで申請しなくてはいけないのに、号車がないなんて日本では考えられない。

IMG_3752.jpg

帰りの列車。
「また私たちの乗る号車なかったりしてね」

ないんだけど。

出発前に車掌が回って来た時にやはり「自分の乗るはずだった号車がない」と言っている客が。
連帯責任の国ではないんだよね、ドイツもオーストリーも。
号車がなくなって、謝らない。日本だったら平謝りだと思う。

そして「誰かザルツブルグに行く人はいる?」と聞く。
この列車はウィーン西駅→リンツ→ザルツブルグ→ミュンヘンという停車駅で、4時間半かかる。
ザルツブルグに行かなくなったから、と言う。
4時間半もかかる特急(とはいえ、結構ノロい。日本の新幹線なら2時間くらいでつくと思う)なのに、その駅を飛ばすと言う。
だけど誰も驚かない。
日本なら「何故だ?」と詰め寄る客がいて、平誤りする車掌がいるだろうと思う。
友人は「ミュンヘンには行くよね?何時につく?」と冷静に聞いた。
車掌は「一応行く予定。着くのは予定の1時間後」と言う。

IMG_3787.jpg

ミュンヘン行きなのに「一応」とつく。
友人は実際に目的地手前の駅でUターンした列車に乗った事があるそうだ。
そして号車どころか乗るはずだった列車そのものがなくなったという事もあるそう。

ザルツブルグを通過するのに、余計に時間がかかる、というのは腑に落ちないのだけど、そんな事はこちらでは騒ぎ立てる必要もない事なのだと言う。
実際にどうも行きとは違うルートで列車は走っていたようだ。
行きの様に雪景色が見えない。田園風景が広がるルートで走っていた。

ツーリストの立場でいうと、こういうハプニングも面白いと思う。
私は旅にはハプニングがあるのが結構楽しいなぁと思う。
多分、初めての海外旅行の時から、飛行機が物凄く遅れたり、あんな事があった、こんな事があったと色々なハプニングが話のタネにもなるし、後々色んな事が思い出されるから。
前回のドイツだって、色々あって、それはとても楽しかった。

IMG_3751.jpg

だけど、住んでいる人は違う。こういう事はもうネタとして笑えないと言う。
以前は笑えたけどもう笑えないって。
これがその地に居を構える人の重みだよね。
何の例も挙げられないけれど、日本へ旅行して来た外国の人と日本に居を構える人の日本の印象はきっと全然違うでしょう。
フラフラとドイツに遊びに来た私と友人とでは、ドイツと言う国は全然違う物なのかもしれません。

でも、そんな事をフッと考えるのも、こうやって訪ねる人がいたからかも。
普通のツアーにのっていたら、こんな事は考えないでしょう。
こういう経験はやはり貴重。

Trackback

Trackback URL
http://adlibcooking.blog98.fc2.com/tb.php/399-cb5f105c

Comment

SACHIKO | URL | 2009.03.09 20:25
くらんさん! 「私が抱いているイメージ通りの食事」+「初めて見た美味しそうな物」をくらんさんはしてくださいましたぁ!本当に一緒に美味しく楽しみましたよぉ!だけど、ソーセージにキャベツにビール!美味しそうだナァ。私は、最初のホットドッグ(すみません、アメリカ語で。。)が忘れられません。。それにお友達のパンたちも!電車でのハプニング。日本は年齢まで申請するのですか?それもびっくりです!こういうことはアメリカでも日常で、9年前に渡米した時はいちいちプンプン怒っていましたが、今では普通のこと、予測できることになり、まったくプンプンしなくなりました。。逆に日本に帰ると感動します。。。先日もメトロで街に行ったのですが、電車の工事でホームで40分待ち、その後の運転ものろのろで大変時間がかかりました。でも、ホームに溢れる人たちはみんな歓談していて、怒っている人などいないのですよぉ。みんなゆったりした気持ちを持っているんだなぁ、と感心してしまいました。当たり前といえば、知らない人に話したり、笑いかけたりするのが当たり前。日本に帰った時、電車の中ですることがないと私は話し掛けたくなっちゃって、、、、「変な人」になってしまいましたぁ。。。微笑みかける癖もなかなかとれなくて、これまた誤解されてしまったり。。。。旅って面白いですね。くらんさんのドイツ旅行はとっても特別な旅行でしたぁ。どうもありがとうございました!SACHIKO
くらん | URL | 2009.03.10 00:46
♪SACHIKOさん

そう、あのブラートヴルスト(ホットドッグ)は本当に美味しい。
ああいうファーストフードなら大歓迎。日本にはないもの…。
年齢を申請したのはドイツの鉄道です。
多分、一応ドイツ→オーストリアと国を超えたので、そういう申請が必要だったのかなと。
ただ、エアーではなかったので私がウィーンに行った証拠はどこにもないんですけど(エアーでもないか・笑)。

日本は…きっと余裕がないのかな。
私、自分でも時間にはとっても厳しい方だと思っています。なるべく時間より早く行動する様にしてますけど、電車が動かなくて仕事に遅刻しそうだったりするともう本当に焦りますもん。
多分、穴空けたら大変な仕事ばかりなので尚更なのかもしれません。
でも、本当はゆっくりのんびり出来たら一番良いのかもしれませんね。
ドイツの日記はあとちょっとだけ続きます。
よろしければもう少しだけおつき合い下さいませ^^
Comment Form
公開設定

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。