スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根の梅煮&マザーウォーター

文化の日と言うのは晴れるらしい。
晴れの特異日なんだってね。

昨日は本当にいいお天気で、お昼間は外をゆっくりお散歩するのにもってこいの日だった。
それでも夕方になれば気温は下がって肌寒い。
ハロウィンも終わって、街はクリスマス仕様になってきた。
冬はそこまで来てるんだなぁって実感する。

ちょっとほっこり煮物など。

大根の梅煮

IMG_0527.jpg

以前、刺身の妻をリメイクして作ったものを載せた事がありましたが、今回はちゃんと大根をいちから炊いてみました。

〈材料〉今回の量を覚え書き程度に記します。
大根       2.5cm幅くらいのものを5つ
お水       500cc
顆粒かつお出汁  小1
みりん      小1
梅干し      1個

〈作り方〉
1.大根は皮を剥き、面取りをする。

2.お鍋に大根、お水、かつおだし、みりんを入れ、煮る。

3.ぐつぐつとして来たら灰汁を取り、梅干しを手で裂いて加え、落としぶたをして大根が透明になる迄ゆっくり火を入れて出来上がり。

IMG_0530.jpg

お水は浄水を使ってます。
特別な事はしていないけど、ちょっと丁寧に炊いてみました。
シンプルだけど、梅の酸味とみりんの甘みが染み染みで優しい味です^^


ありがとうございました^^

私はこういう料理の方法がとても好きみたい。
…という事を再確認したのだけど。
昨日、マザーウォーターを観たのですよ。

先日ジュリア・ロバーツの映画を観た際に予告を観てなんとなく観たくて。
シネコンに歩いて行けるとつい、ね。

photo_005.jpg
写真はHPからお借りしました。2010パセリ商会

この映画はエンターテイメント性を求めたり、という映画ではないので賛否が分かれる気がする。
ウイスキーしか出さないバーを営むセツコ(小林聡美)、コーヒー屋を営むタカコ(小泉今日子)、豆腐を作るハツミ(市川実日子)、散歩する人マコト(もたいまさこ)という四人の女性が出て来る。

photo_001.jpg

フードコーディネートが飯島奈美さんだったのと、小林聡美さんが主演だったので観たかったというのがまず足を運んだ理由なんだけれど、とにかく最初から最後迄口に運ぶ物が登場する。
今回はとてもシンプルなものばかり。
誰もが食べた事があって、誰もがシンプルにそれを美味しいと思う物ばかり。
上の画像はマコトが自分の為に作る朝食。

実は最近、私は卵焼きをよく作っている。
自分でもとても丁寧に作っているなぁと思う。
だけどそれがなんだかとても美味しいのでこのマコトの朝食はなんだかとても好き。

photo_004.jpg

この映画は本当にゆるゆるとした感じで進んで行って、ストーリーとしては全く起承転結がない、と思う。
これをつまらないと思うか心地よいと思うかは人それぞれだけれど、女性の監督の作品だなぁーと思った。
そして必要最低限の音楽しか流れないし、人と人がコミュニケーションをとるのに喋り尽くす必要ってないんだな。静かに一緒に時を過ごすのも大事なんだな、なんて気分になる。

そのせいか、お隣座っていたご夫婦は、だんながいびきをかき始めた(笑)。
それを奥さんはちょっと制していたのだけど、そのうちに私の隣で奥さんの方が爆睡し始め、いびきかきだして私はちょっと迷惑だったんだけど(笑)。
私も最後はちょっとうつらうつらしたんだけどね(笑)。

photo_011.jpg

ラストシーンで「え?これで終わり?」的な感じはあったのだけど、帰り際、すれ違ったご夫婦の(割と年配の夫婦で観に来てる人が多かった)奥さんの方が

「丁寧に生きるって大事なのよね」

と言ったのが聞こえた。

確かに。
セツコはとてもとても丁寧に水割りを作る。
タカコはとても丁寧にコーヒーを入れる。
ハツミも大事に豆腐を作る。
マコトも清くごはんを作る。

人の為にも自分の為にも丁寧に作る。

現代を生きるには時短が必要だったり、パパッと作れるというのがライフスタイルに合っていたりもするのだけれど、何だか私はアナログな人間なんだなぁとふと思ったりする。
急いで簡単に、というのが全てにおいて苦手なのかもしれない。
料理も人間関係も時間をかけてゆっくり進めて行きたいんだなぁと思う。

「あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。」

今のアタシにとってダイジなことってなんだろう。
ダイジなことだけもってゆくって事は何か置いて行かなくてはいけないこともあるのかな。
あれもほしい、これもほしい、今の時代女性も色んな物を手に入れられる様になった気がする。
そして実際全部を手に入れる事が出来る人もいるけれど、多分アタシは全部持って行ける人じゃない。
諦めてる訳じゃなくて、多分私の器は限られた容量しかないから。
アタシは現代のバイタリティ溢れる女性にはなれないんだなぁなんてうすぼんやりと思った。
でも、それもいいかもしれないな、とちょっと思った。

面白いか、と聞かれたら答えに困るし、どんな内容?と聞かれたら説明にとても困るのだけど、シンプルに生きる事もいい、とちょっと思える映画。

Trackback

Trackback URL
http://adlibcooking.blog98.fc2.com/tb.php/871-080766b5
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

klan

Author:klan
すみません。
自他共に認める呑んべぇです。
今も部屋にワインの空き瓶転がってます。
アタシってばいつからこんなに呑める様になっちゃったんだろう…。

お願い
画像&レシピの無断転載はお断りします。 個人のサイトにUPされる場合は、一言このサイトからの転載である旨を明記して使用して下さる様、お願いします。 またその際、UPされたURLをご報告いただけると有り難いです。
掲載していただいたもの
spice.jpg
主婦と生活社『スパイスさえあれば料理上手!』に掲載していただきました。              
recipe.jpg
レシピカードに掲載していただきました。
最近の記事
いつもありがとう!
Category
ブログ内検索
Favorite Online Shop
World Of Wonders asuka.png
世界中のクラフトマンの手によって作られたキラキラの作品&アンティーク。趣旨も素敵なshopです。
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。